Skip to main content

ライフサイクル管理

OutSystems

IDおよび権限の管理

OutSystemsは、ユーザー管理、グループ、Windows統合認証およびLDAPを含むID管理を完全にサポートしています。これは開発環境に完全に組み込まれているため、コーディングせずに特定のページ、さらにはページ内の要素へのアクセスを制限することができます。

以下は、アプリケーションユーザーを作成した場合の一例です。

そのほかに企業でよく見られるシナリオとしては、Active DirectoryやLDAPのような外部のユーザー管理システムの利用が挙げられます。以下のような簡単な構成手順で設定できます。

Active Directoryの設定:

LDAPの設定:

柔軟性とオープン性を持たせるため、さらに拡張したい場合、OutSystemsが提供するコア概念に加え、ユーザー管理機能を別のアプリケーションで置き換えることができるようアーキテクチャが設定されています。これには、Users APIを利用する必要があります。