Skip to main content

OutSystemsを使用した開発

OutSystems

複雑なフォームの作成

OutSystemsを採用している組織は、優れたレイアウトやスタイル機能、条件付き表示や段階的な公開の構成、フォームの​検証などを使用して、複雑なフォームを開発できます。こうした機能で以下のようなものを開発しています。

  • 広範な紙ベースのフォームのレプリカ

  • 医療、保険、法務関連の膨大なデータ入力用の、多数のフィールドを備えたインターフェイス

  • 複雑なビジネスロジックに基づいた精密な検証ルールと表示ルール 

 

レイアウトとスタイル

複雑なフォームを複数のセクションに分割し、一貫性のある入力サイズと完璧な配置を実現するのは、決して簡単な作業ではありません。OutSystemsには、このプロセスを簡素化する以下のような優れた機能が備わっています。

  • ビルトインのグリッドシステムにより、要素を簡単にページに配置し、バランス良くサイズ調整することができます。

  • 優れた構成要素を備えた完全なUIフレームワークを活用し、構造、内容、データ、コントロールを簡単に作成できます。ページを3列以上に分割することも簡単です。デザイン性の高いパネル、折り畳み可能なセクション、洗練されたアラートボックス、情報バルーン、タッチ式コントロールを使用して、どのデバイスでも表示可能な複雑なフォームを作成することができます。

  • 開発者は、CSSエディタを使用して、ページやコントロールのスタイル設定方法を自由に変更することができます。

  • IDEのビジュアルスタイルエディタパネルを使用すると、CSSの一般的なプロパティに変更を加えることができます。

複雑なフォームの例を以下の図に示します。

条件付きの表示と段階的な公開

複雑なフォームの中には、ユーザーの入力内容に応じて順次表示されるセクションを持つものがあります。また、ユーザーのロールに応じて表示されるセクションやフィールドが異なるものもあります。OutSystemsでは、こうしたシナリオにも簡単に対応できます。

  • ロールに基づくセキュリティとシンプルな構成により、UIまたはビジネスロジックレベルでユーザーのロールを確認できる。

  • UI要素のプロパティを可視化することで、レンダリングを管理できる。

  • If文をビジュアル化し、ブーリアン型表現の評価時の真偽分岐を表示する。

  • ビルトインのAjax機能により、ページ全体を再度読み込むことなく、フォームの再読み込み、更新、削除ができる。

  • コンボボックスの値が選択された場合、チェックボックスが選択された場合、または入力文字列が変更された場合にサーバー側のアクションをトリガーするなどの、UIコントロールイベントを有効にする。

条件に応じてページの一部を表示する方法を以下の例に示します。

フォームの検証

OutSystemsでは、クライアント側とサーバー側でのフォームデータの検証が可能です。

クライアント側の検証

クライアント側では、入力必須フィールドとデータ型不一致の検証をコードの記述なしで有効にできます。

パスワードの複雑さを確認するウィジェットやSSN(社会保障番号)の検証など、より複雑なクライアント側の検証も、簡単なJavaScriptスニペットを使用して実現できます。スニペットは、JavaScriptエディタを使用して、UIコントロールに簡単に組み込んで統合することができます。

サーバー側の検証

最近のブラウザでは、ページのHTMLコードやJavaScriptを非常に簡単に改ざんできてしまいます。フォームのデータがバックエンドのシステムに到達する前に、不正な改ざんを受けていないかどうかを検証するには、サーバー側での検証が不可欠です。

データの検証、操作、保存などのサーバー側のイベントは、OutSystemsに備わっている様々な構成要素を活用して実行することができます。フォームのデータ検証によく使用される構成要素としてはクエリ、Webサービスの呼び出し、文字列操作関数、数学関数、データのフォーマット設定および変換などが挙げられますが、ほかにも多くの要素が備わっています。

コントロールには、ビルトインのエラーメッセージプロパティがあり、検証メッセージを自動的に画面表示する際に使用できます。

以下に、画面に表示されるエラーメッセージの例を示します。

 

以下に、フォーム検証のロジックの例を示します。