Skip to main content

ja-jp

OutSystems

OutSystemsを使用した開発

OutSystemsは、モバイルおよびWebアプリケーションのデリバリーを迅速化するローコードの超高速アプリケーション開発プラットフォームです。開発者は、開発、QA、デプロイ、監視、管理という開発ライフサイクル全体に対応する単一の統合開発環境を使用します。 

単一の統合開発環境

アプリケーション全体を、単一の統合開発環境で、ローコードアプローチを使用して構築します。これには、フロントエンド、バックエンド、データベースおよび既存のシステムまたはサービスとの連携が含まれます。

  • フロントエンド: 複数のデバイスで動作するテンプレートやビルド済みのブロックを使用して、モバイルアプリやWebアプリのUIを構築します。標準HTML、JavaScript、CSSでUIを拡張し、簡単なプラグインを作成して任意のデバイス機能(カメラ、カレンダー、GPSなど)にアクセスできます。

  • バックエンド: ビジュアル言語を使用して、API、Webサービス、ワークフロー、ビジネスルールなどバックエンドのあらゆる側面を開発します。カスタムコードを使用してプラットフォームの機能を拡張できます。

  • データベース: アプリケーションのデータベースを視覚的にモデリングし、既存のあらゆるデータソースに接続します。

  • 連携: オープンソースのコネクタを使用して、ソフトウェアパッケージ、現在のアプリ、または既存のデータベースに接続します。Webサービスの使用や公開、あるいはカスタムコードを使用した独自コネクタの作成を視覚的に行うことができます。

開発ライフサイクル全体に対応

OutSystemsは、ライフサイクル全体にわたって開発者をサポートします。

  • 高速な開発と連携: 既存のシステムやデータベースと連携するアプリケーションを迅速に開発します。影響分析と自己修復エンジンによってアプリケーションの品質を確保します。

  • デプロイ: 数回のクリックで、開発環境から本番環境へアプリケーションを安全に移動できます。バージョン追跡、依存関係チェック、および影響分析によって、ステージングの影響をすべて可視化します。

  • 監視: 監視機能が自動的に構成されたアプリケーションを使用して、開発インフラ全体の健全性を監視し、クライアント側、サーバー側、およびネットワークパフォーマンスを追跡します。

  • 管理: アプリケーションサービスのID管理や構成管理などの日常業務を、アプリケーション上で簡単に実行できます。

  • Was this article helpful?