Skip to main content

OutSystemsを選択すべき理由

OutSystems

OutSystemsに不向きなプロジェクト

OutSystemsはそのオープン性と拡張性により、ほとんどどのようなエンタープライズ向けWebおよびモバイルアプリケーションでも作成することが可能です。しかしごく稀ではありますが、別のソリューションのほうが適している場合や、ゼロから開発するのではなく既存のものを補完する目的でOutSystemsを使用したほうがよい場合もあります。

ゲームなどの高度にインタラクティブなモバイルアプリの作成

トランザクション型や情報提供型のアプリケーション構築に欠かせない再利用可能なパターン、自動化、構成を備えたOutSystemsは、最高の生産性を実現できるよう高度に最適化されています。個人向けのモバイルバンキングや顧客ロイヤリティアプリから、企業向けや従業員向けのフィールドサービスまたは営業アプリまで、OutSystemsは素晴らしいモバイルエクスペリエンスの提供を促進します。

しかし、次世代の人気モバイルゲーム開発に最適であるとは言えません。OutSystemsのビジュアルツールセットにはアニメーションや非常にインタラクティブなタッチパターンも含まれていますが、大幅なカスタマイズを伴うマルチスレッドの2Dおよび3Dインタラクションには、専用のSDKやフレームワークの使用をご検討ください。この場合、OutSystemsは バックエンドサービスをサポートします。ネイティブアルゴリズムを使用して動的なインタラクションを作成することで、データの保存や、支払い、キャンペーン管理、他の外部システムとの連携を容易に行い、アプリにAPIとして公開することができます。

構築、購入、リプレース、変更の選択

OutSystemsはWebおよびモバイルアプリの構築時に高い生産性を実現できるよう想定、設計、構築されたものですが、アプリ変更時の生産性においてさらなる価値を発揮します。その完全性と柔軟性ゆえ、OutSystemを使用した構築、再構築、リプレースにおける最大のメリットは何かと聞かれることが多くあります。その答えは「変更」です。ビジネス上のニーズ、革新プロセス、当局の規制、新技術により要件が頻繁に変化する状況では、OutSystems実装の必要性が高まります。

CRMやERPの再構築

変更が頻繁に発生するプロセスがあるものの、変更にあたっての柔軟性に制限があり高いコストがかかる既存のCRMまたはERPパッケージを所有しているお客様から、OutSystemsを用いてこれらのシステムをゼロから再構築すべきかと聞かれることがよくあります。再構築することも可能ですが、CRMまたはERPの一部分をOutSystemsアプリケーションにリプレースするするほうがよいでしょう。その結果、変更を迅速に行うことや、他のデータソースを組み合わせて従来の開発技術では構築に莫大なコストがかかったであろう独自のアプリケーションおよびプロセスを構築することが可能になります。

OutSystemsのお客様であるLiberty Segurosは、OutSystemsを使用して既存のバックエンド保険システムを統合、拡張し、さらに革新的なビジネスモデルに合わせたフロントエンドを作成しました。

OutSystemsを使用したCMSシステムの構築

カスタマーポータルのコンテンツ管理が必要であり、会社に自社CMSが存在する場合、自社CMS APIを使用すべきか、OutSystemsでCMSシステムを構築すべきかという悩みが生じます。コンテンツ管理の要件が非常に特有であり、業務の性質上変化し続けるものである場合、OutSystemsでコンテンツ管理要素を構築することが答えとなります。あるヘルスケアシステムでは、実際にOutSystemsでこれを実施しました。José de Mello Saúde氏は、OutSystemsを使用し、管理している20のWebサイト向けに単一のコンテンツ管理システムを作成しました。

CMS要件の変更頻度が低く、現在のパッケージで対応できる場合、既存のAPIを使用してもよいでしょう。

OutSystemsを使用したERPの構築

特殊すぎるためニーズを満たすパッケージが存在しないERPや大きく複雑なシステム要件を抱える業界の企業の場合、独自のERPをOutSystemsで構築すべきです。

OutSystemsには、理想的なパフォーマンスとスケーラビリティを備えたERPや、それに準ずる大規模で複雑なシステムを構築できる機能があります。独自の機能を搭載したシステムを迅速に市場に出せるだけではなく、何よりビジネスのスピードに合わせて変化する将来を見据えたシステムにすることができます。PlayRight社はアーティストの著作権支払いを管理する複数の非常に複雑なプロセスを、OutSystemsを使用して1年足らずで1つのシステムに集約しています。