Skip to main content

OutSystemsを選択すべき理由

OutSystems

現在のITにおける2つの重要課題

モバイルはITのすべてを変えました。これは誇張ではなく、事実です。ジェネレーションXとミレニアム世代のおかげでモバイルが普及した現在、ビジネスの継続とマーケットシェアの維持を望むのであれば、ITにおける2つの重要課題に対処しなければなりません。

  1. デジタルトランスフォーメーション

  2. デリバリーと変更サイクルの短縮

これらの課題を克服しようとした結果、「バイモーダルIT」と呼ばれるアプローチが生まれました。しかし、本当にバイモーダルITで解決できるのでしょうか。

課題1: デジタルトランスフォーメーション

特徴あるユーザーインターフェイスを持つスマートフォン、タブレット、ウェアラブル機器、センサーのデバイスは、企業とお客様、パートナー、社員との関わり方を変えました。お客様やユーザーを引きつけ、つなぎとめておきたければ、アジャイルなデジタル企業に変革していかなかければなりません。アプリケーションは、あらゆる種類のデバイスやインターフェイスでシームレスなデジタルエンゲージメントを実現する必要があります。そうすることで、エンドユーザーは任意の手段でリサーチ、やりとり、購入を行い、サポートを受けられるようになります。この多目的なエンゲージメントを可能にすることで、企業は顧客のオンボーディングを加速させ、新規顧客を開拓し、カスタマーロイヤリティを高めることができるのです。

従来のアプリケーション開発では、アプリの作成が完了しても簡単にはすべてのデバイスにデプロイできませんでした。しかしモバイルの普及によって、こうした開発が大きな問題になってきています。今や2つの世代のユーザーと消費者が、モバイルを仕事、交流、遊び、さらに生活に使用しています。そのため、彼らはすべてのアプリケーションに次のことを期待しています。

  • 優れたユーザーエクスペリエンス。

  • ユーザーの知らないうちに行われるシームレスな変更。

  • FacebookやTwitterのような使用しやすさ。

企業は開発者の追加、さらなる開発言語の習得、開発および運用グループの連携、開発やデリバリープロセスの自動化などを試みました。しかしどの試みも、モバイルアプリや、モバイルアプリのように動作するWebアプリの要求に応えることができずにいます。

課題2: デリバリーと変更サイクルの短縮

お客様は今、ごく短期間でのアプリケーションデリバリーを望んでいます。ミレニアル世代はビジネスや会社において、立場が高まりつつあります。この世代は、Javaや.NETなどの従来の技術でアプリケーションを構築する場合に要した2年という時間、プロジェクトの完了を待ってはくれません。新しいアプリを20週間足らずで作成し、変更を一瞬で行うことを望んでいるのです。2012年にAmazonが新しいコードを11秒ごとにデプロイし、1時間に最大1,079のデプロイを記録したことで、それが可能だということが明らかになりました。その結果、組織とIT業界はこうした極端に短いデリバリーサイクルを望む声に応える方法を模索することになったのです。 

バイモーダルITは解決法となるか

Gartnerが提言するITの新たな展望、「バイモーダルIT」では、IT組織は従来型(モード1)とアジャイル型(モード2)の2つのモードで運営すべきだとされています。バイモーダル構造のうち、モード1のアプリケーションは比較的静的です。変更にあたっては、従来型に近い修正を行います。モード2のアプリケーション要件は、新しい革新的なツールと概念を利用したより俊敏なイテレーション型の開発モデルに分類されます。

大規模なコンサルティング会社は、バイモーダルITをベースに新たなデジタルプラクティスを策定しています。これらのプラクティスは、フロントエンドからバックエンドのデジタルエクスペリエンス再設計を行う企業のサポートに焦点を当てたものです。実際、こうした企業はデザイン会社を買収し、ユーザーエクスペリエンススキルの獲得を加速させています。一方で、自社の社員にAngular JSやNode JSなどのテクノロジーを習得させるための投資もしています。

多くの場合、優れたユーザーエクスペリエンスを提供する完全なエンタープライズソリューションの開発にあたっては、Angular JS、Node JS、Mongo DBやRESTなどの技術を使用したオープンソースアプローチが採用されています。これにより、最初のバージョンのデリバリーまでの目標期間を20週間に短縮することができます。しかし、これには経験豊富な優れた開発者が必要です。

バイモーダルITに関する疑念は尽きません。コンサルタントが去った後、どのようにしてアプリを維持するのでしょうか。アプリ変更のスキルを持つ社員はいるのでしょうか。

たとえば、20~50のアプリを維持している会社があったとします。これらのアプリは4つのプラットフォームと3つの異なるフォームファクタに対応する必要があります。こうした状況とサイロ化された膨大な業務、そしてアプリの維持に必要なスキルは、モバイルの存在によりいっそう過酷なものになります。モバイルでは、絶え間ない変更とますます速いデリバリーが求められます。企業が数時間での変更を要求するのは珍しいことではありません。

これらすべてにおいて特有のスキルが求められますが、条件を満たす開発者を探すのは至難の業です。たとえ確保できたとしても、そうした開発者は引く手あまたであり、すぐに辞めてしまう傾向にあります。

バイモーダルITは、確かにバックエンドや従来システムからアジャイル開発を解放しますが、注意しないと維持が困難になってしまいます。プラットフォーム間を移動することなく、モード1とモード2の両方を実行できるプラットフォームさえあれば、こうした悩みを一掃できるはずです。そこに注目したのがOutSystemsです。

詳細

OutSystemsの概要については、こちらをご覧ください。

  • Was this article helpful?