Skip to main content

OutSystemsを選択すべき理由

OutSystems

原点となったビジョン

OutSystemsは、ソフトウェア開発を根底から覆すというビジョンのもと、2001年に設立されました。OutSystemsの創始者は、ソフトウェアプロジェクトはまず失敗に終わるということを経験的に知っていた熟練のITプロフェッショナルです。プロジェクトは期日に間に合わないか、そうでなければ予算オーバーになっていました。

当時、ほとんどの企業ではウォーターフォール型の開発を行っていました。現在でも一部の企業で行われているウォーターフォール型プロジェクトの場合、初期の分析および設計段階ではあまりコストはかかりません。この開発型では、後の段階になるほど変更に費用がかかります。そのため、1回で成功できるよう、アプリケーションに必要なすべての事柄の計画に膨大な時間が費やされます。

問題は、アプリケーションや計画の要件をすべて把握してあらゆる不測の事態に備えるということが現実的ではないということです。そのため、結局1回ではうまくいかず、ソフトウェアの変更が必要になります。アプリケーションの変更を重ねるほど、複雑さは増していきます。複雑さは経費をかさませ、ライフサイクルのずっと先で行われる管理や更新をさらに困難にします。最終的には、アプリケーションを更新するよりリプレースしたほうが安くて時間もかからないという段階にまで達してしまうのです。

OutSystemsのビジョンは、「最初からソフトウェアを一度で完璧にしようとするのではなく、変更を低コストで迅速に、アプリケーションのサイズに関係なく行えるようにすればどうか」という疑問から生まれました。そして変更をつぶさに見つめる中で、ライフサイクルのどの時点でも迅速に、安定して、安価に変更を行えるOutSystemsプラットフォームを作り上げたのです。 

現在のビジョン

OutSystemsの初期のお客様は先見の明があり、当社のビジョンに共感していただきました。現在、状況は大きく変わりました。IT組織は2つの大きな課題に直面しています。そのため、迅速でコストがかからず、安定した変更の実現がこれまでになく重要になってきています。

  1. デジタルトランスフォーメーション。人と組織の関わりは、今やモバイルアプリケーションでのやりとりが主流になってきています。つまり、既存のシステムやバックエンドに加え、モバイル版やフロントエンドを提供し、かつスムーズな連携を実現する必要があるのです。また、今あるものとビジネス上の需要のギャップを埋めるために、他に何が必要かを見極めることも必要です。 

  2. 開発および変更サイクルの短縮:  モバイルの普及により、開発サイクルが大幅に短縮しました。企業はアプリケーションを16~20週間で開発し、変更は数時間で行ってほしいと考えています。これは、従来のJavaまたは.NETでのアプリケーション開発に必要な20か月に比べ、はるかに短い期間です。

こうした課題に、どう対応していけばよいでしょう。業界はどのように対処しているのでしょう。このガイドの次のセクションでは、課題の詳細、課題に対処するために業界が行っている事柄、および現在のソフトウェア開発の課題を克服するうえでOutSystemsプラットフォームがどう役に立つかを見ていきます。

詳細

OutSystemsの概要については、こちらをご覧ください。

 

  • Was this article helpful?