Skip to main content
Created for OutSystems 10. Not working on your version? Tell us about it!

 

 

ロジック

 

 

OutSystems

細かい権限の付与および取り消し

エンドユーザーが細かい権限の割り当てを実行できるようにするにはどのようにすればよいですか?

例: View(表示)、Print(印刷)、Edit(編集)、Delete(削除)の権限を実装し、開発チームではなくアプリケーションの特定のエンドユーザーがこれらのロールの付与と取り消しを行います。

回答

エンドユーザーが細かい権限の割り当てを実行できるようにするには、以下の手順を実行します。

  1. アプリケーションのモジュールで、細かな権限ごとのロールを作成します。

  2. ロール関数を使用して、画面およびロジックへのアクセスを制限または許可します。

    • CheckViewRole()
    • CheckPrintRole()
    • CheckEditRole()
    • CheckDeleteRole()
  3. バックオフィス画面を作成し、関連するロールのアクションを使用して権限を管理します。

    • GrantViewRole()RevokeViewRole()
    • GrantPrintRole()RevokePrintRole()
    • GrantEditRole()RevokeEditRole()
    • GrantDeleteRole()RevokeDeleteRole()