Skip to main content

 

開発に関するよくある質問

 

 

OutSystems

Excelへのエクスポートのカスタマイズ

Excelファイルにエクスポートするときの列/アトリビュートの名前や順序をカスタマイズするにはどのようにすればよいですか。

例: 受信者のリストをExcelファイルにエクスポートします。 受信者の元のリスト(ReciptTable.List)は以下のAggregateによって取得されます。

Aggregate

Excelファイルの列を、「Store」(元の「Name」)、「Date and Time」(元の「DateTime」)、「Customer」(元の「ClientName」)、「Order Total」(元の「Total」)にします。

回答

リストをExcelファイルにエクスポートするときの列/アトリビュートの名前や順序をカスタマイズするには、以下の手順を実行します。

  1. ストラクチャ(ReceiptsExport)を作成し、以下のアトリビュートを追加します。

    • Store: Data Typeを「Text」に設定します。
    • DateandTime: Labelを「Date and Time」に設定し、Data Typeを「Date Time」に設定します。
    • Customer: Data Typeを「Text」に設定します。
    • OrderTotal: Labelを「Order Total」に設定し、Data Typeを「Decimal」に設定します。

    このストラクチャは、Excelファイルの列の最終的なラベルと順序を定義します。

  2. ExportToExcelアクションを作成し、ListToExportローカル変数を追加し、[Other]、[List...]、[ReceiptsExport]の順に選択してData Typeを「ReceiptsExport List」に設定します。

  3. 割り当て「ListToExport = ReceiptTable.List」を設定したAssignノードを追加し、ReceiptsExportへのマッピングを次のように設定します。

    • Store: Name
    • DateandTime: DateTime
    • Customer: ClientName
    • OrderTotal: Total

    これは、元のリストのアトリビュートとストラクチャのアトリビュートの関係を定義します。

  4. Assignノードの後にRecord List To Excelウィジェットを追加し、ソースのRecord ListListToExportストラクチャに設定し、[Attribute Selection]で[(All Attributes)]チェックボックスにチェックを付けます。

  5. EndノードをDownloadノードに置き換え、以下のプロパティを定義します。

    • File Content: RecordListToExcel1
    • File Name: "Receipts.xlsx"
    • Mime-Type: "application/x-msexcel"

これらの手順の後にExportToExcelアクションを呼び出すと、指定した列名と順序のExcelファイルが生成されます。

Excelファイル