Skip to main content

 

開発に関するよくある質問

 

 

OutSystems

Android用のPushwooshの構成

Android用のPushwooshを構成するには、以下の手順を実行します。

Googleプロジェクト番号を取得する

アプリケーションでPushwooshを使用するには、Googleプロジェクト番号が必要です。これを作成するには、Google API Console(https://console.developers.google.com)にアクセスして新しいプロジェクトを作成します。

[IAM & Admin]ページの[Settings]メニューで[Project Number]を確認します。

Android用のクラウドメッセージングを設定する

APIs]を選択して「Cloud Messaging for Android」を検索します。

アプリケーションでAPIを有効にします。

Google APIキーを取得する

Firebaseコンソール(https://console.firebase.google.com/)にアクセスしてGoogleプロジェクトをインポートします。

Project Settings]を選択し、[Cloud settings]をクリックして[Server Key](Google APIキー)と[Sender ID]を取得します。

Pushwooshにアクセスしてアプリケーションを作成する

Pushwooshアカウント(https://cp.pushwoosh.com/applications)にアクセスします。[Add new]ボタンをクリックして新しいアプリケーションを作成します。

Pushwooshでは、開発用および配布用の2つのアプリケーションを設定することを推奨しています。

ただし、このシナリオで作成するアプリケーションは1つのみです。

新しいアプリケーションの名前とアイコンを設定し、[iOS SDK]および[Android SDK]にある[Pushwoosh]を選択します。[Save application]をクリックします。

Androidを構成する

画面が開き、Pushwooshアプリケーションコードが表示されます。このコードはアプリケーションに固有のものです。この画面の[Android]リボンで、[Configure]をクリックします。

必要な情報を入力します。API Keyは手順3で取得したGoogle APIキーで、GCM Sender IDも手順3で取得した送信者IDです。Frameworkは「Native」に設定します。

Save]をクリックします。これでAndroid用のPushwooshの構成が完了しました。