Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

 

OutSystems

OutSystems on Microsoft Azureを設定する

この記事では、OutSystems on Microsoft Azureをデプロイ・設定する手順について説明します。

前提条件: OutSystems on Microsoft Azureソリューションテンプレートは、Microsoft Azure MarketplaceのBring-Your-Own-License(BYOL)価格モデルから入手することができます。OutSystems on Microsoft Azureをデプロイするには、まずOutSystemsに連絡してライセンスを入手します。

OutSystems on Microsoft Azureをデプロイおよび設定するには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. Azure Portalでソリューションテンプレートウィザードを実行して、OutSystemsインフラをデプロイします。
  2. デプロイされた環境にOutSystemsライセンスを適用します。
  3. 有効な証明書を環境に追加します。
  4. OutSystemsデプロイ管理コンソール(LifeTime)で環境を登録します。
  5. 拡張製品コンポーネントをインストールします。

ソリューションテンプレートウィザードを実行する

  1. Azure MarketplaceまたはAzure Portalに移動して、OutSystems on Microsoft Azureソリューションテンプレートを検索します。

  2. Azure Portalで、OutSystems on Microsoft Azureソリューションテンプレートの[Create]ボタンをクリックしてデプロイウィザードに進みます。

  3. Basics]ブレードで情報を入力し、[OK]をクリックして次のブレードに進みます。選択した[Solution Identifier]は、デプロイ中に作成される仮想マシンやデータベースなどのすべてのリソースの名前のプレフィックスとして使用されます。[Resource Group]セクションで[Create new]をクリックし、名前を入力します。

    Basicsブレード

  4. Virtual Machine Size]ブレードで、スタンドアローン(1VM)またはファーム(1VMおよび1スケールセット)の本番環境を選択します。各仮想マシンのサイズを、いずれかの推奨サイズを使用して選択します。[OK]をクリックして次のブレードに進みます。

    Virtual Machine Sizeブレード

  5. Virtual Network Size]ブレードの[Virtual network]セクションと[Subnets]セクションの値を確認し、[Subnets]セクションで[OK]をクリックします。[OK]をクリックして次のブレードに進みます。

    Virtual Network Sizeブレード

  6. Summary]ブレードで[OK]をクリックします。

    Summaryブレード

  7. Buy]ブレードで[Create]ボタンをクリックすると、デプロイが開始します。

デプロイプロセスの完了には約1時間かかる場合があります。リソースグループの[Deployments]セクションでデプロイステータスを確認することができます。リストに示されたデプロイがすべて成功すると、OutSystemsのデプロイは完了です。

Deploymentsセクション

Azure Portalには、新しく作成されたすべてのリソースをグループ化するリソースグループがデプロイウィザードで定義した名前で表示されます。OutSystems on Microsoft Azureソリューションテンプレートによってデプロイされたリソースのすべてに、ソリューション識別子のプレフィックスが付きます。

!リソースグループの概要](images/setup-image15.png?width=700)

OutSystemsライセンスを適用する

次の手順では、各環境にOutSystemsライセンスを適用します。

  • 開発
  • Test(テスト)
  • Productin(本番)
  • LifeTimeデプロイ管理コンソール

OutSystems on Microsoft Azureを設定するには、有効なOutSystemsライセンスが必要です。

開発環境にOutSystemsライセンスを適用するには、以下の手順を実行します。

  1. 開発環境用に作成されたアプリケーションゲートウェイの詳細に移動し、パブリックIPアドレスのDNS名を取得します。たとえば、ソリューション識別子が「myid」の場合、開発環境のアプリケーションゲートウェイは「myid-dev-appgw」です。[Frontend public IP address]フィールドをクリックして、パブリックIPアドレスの詳細ページに移動します。

    アプリケーションゲートウェイ

  2. 環境にアクセスするには、パブリックIPアドレスのDNS名を使用します。パブリックIPアドレスの詳細ページで、[Click to copy]オプションを使用してDNS名をコピーします。

    パブリックIPアドレス

  3. 前の手順のDNS名を使用して、環境のService Center管理コンソール(URL: http://<DNS名>/ServiceCenter)にアクセスします。

  4. デフォルトの資格情報(admin/admin)を使用してログオンします。この段階では「admin」ユーザーのパスワードを変更しないでください。パスワードは設定プロセスの最後に変更します。

  5. [Administration]セクションに移動して、[Licensing]タブを選択します。

  6. 環境のSerial Numberをメモに取ります。OutSystemsライセンスポータルでライセンスファイルを取得するときにこれが必要になります。

    シリアルナンバー

  7. OutSystemsライセンスポータルに移動し、インフラを選択して、[ACCESS LICENSING]を選択します。

    ライセンス

  8. 手順6で取得したシリアルナンバーを使用して環境を登録します。

  9. ライセンス関連の権限を持つ担当者である場合は、ライセンスファイルのダウンロードに進みます。それ以外の場合は、権限を持つ担当者にライセンスファイルがメールで送信されます。

    ライセンスのダウンロード

  10. ライセンスファイル(*.lic)を取得したら、環境のService Center管理コンソールの[Licensing]タブに移動し、[Upload New License]を選択してライセンスファイルをアップロードします。

    ライセンスのアップロード

同じ手順を繰り返して、その他の環境(Test、Production、LifeTime)にライセンスを適用します。

有効な証明書を環境に追加する

LifeTimeデプロイ管理コンソールでDevelopment、Test、Productionの各環境を登録するには、まず、すべての環境のアプリケーションゲートウェイに(認証局が署名した)有効な証明書をインストールする必要があります。

各環境(LifeTimeを含む)のアプリケーションゲートウェイに信頼できる証明書を追加するには、以下の手順を実行します。

  1. 環境用に作成されたアプリケーションゲートウェイの詳細に移動します。

  2. [Settings]メニューから[Listeners]を選択します。

    アプリケーションゲートウェイ

  3. appGatewayHttpsListenerを選択します。

    appGatewayHttpsListener

  4. 任意のパスワードと名前を入力し、.pfxファイルをアップロードして新しい証明書を追加します。

    証明書コンボボックス

LifeTimeで環境を登録する

LifeTimeデプロイ管理コンソールで環境を登録するには、以下の手順を実行します。

  1. LifeTime環境用に作成されたアプリケーションゲートウェイの詳細に移動し、パブリックIPアドレスのDNS名を取得します。たとえば、ソリューション識別子が「myid」の場合、LifeTime環境のアプリケーションゲートウェイは「myid-life-appgw」です。[Frontend public IP address]フィールドをクリックして、パブリックIPアドレスの詳細ページに移動します。

    アプリケーションゲートウェイ

  2. 環境にアクセスするには、パブリックIPアドレスのDNS名を使用します。パブリックIPアドレスの詳細ページで、[Click to copy]オプションを使用してDNS名をコピーします。

    DNS名

  3. 前の手順のDNS名を使用して、LifeTimeコンソール(URL: http://<DNS名>/LifeTime)にアクセスします。

  4. 開発環境を登録するには、開発環境のアプリケーションゲートウェイに関連付けられているパブリックIPアドレスのDNS名(「myid-devappgw-PIP」など)を使用します。パブリックIPアドレスの詳細に移動し、[Click to copy]オプションを使用してDNS名をコピーします。

    パブリックIPアドレス

  5. 前の手順でコピーしたDNS名を、環境登録ウィザードのEnvironment Addressとして使用し、LifeTimeに環境を登録する手順を実行します。

  6. これで開発環境がLifeTimeに登録されます。Test環境とProduction環境についてプロセスを繰り返します。

この時点で、LifeTime管理ユーザー(admin)のパスワードを変更することを推奨します。LifeTimeのヘッダーの右上にある[My Settings]を選択して設定ページに移動し、そこでパスワードを変更することができます。LifeTimeでadminのパスワードを変更すると、登録された各環境のService Center管理コンソールのadminのパスワードも自動的に変更されます。

My Settings

拡張製品コンポーネントをインストールする

この手順では、拡張製品コンポーネントをインストールします。これは、開発を行うための基本機能を提供するOutSystemsモジュールのセットです。これらのコンポーネントはForgeリポジトリで入手できます。インストールには、OutSystemsコミュニティのユーザー名とパスワード(こちらで取得できます)が必要です。

開発環境のみを設定するために必要なコンポーネントは8つあります。以下の例は、Charts Webコンポーネントのインストール手順です。その他のコンポーネントについても手順に従います。

  1. Service Studioを開き、[Connect to environment]をクリックします。[Environment]フィールドに、開発環境に属するパブリックIPアドレスのDNS名を入力します。ユーザー名とパスワードを入力します。[Connect]をクリックします。

  2. 左上にある[OutSystems]タブをクリックして、[Forge repository]タブを開きます。まだログインしていない場合は、OutSystemsコミュニティのプロファイルの資格情報を使用してログインします。

  3. 検索フィールドに移動します。「Charts Web」と入力して[Search]をクリックします。結果の「Charts Web」をクリックして詳細画面に移動します。

  4. Install]をクリックします。システムによる前提条件の検証後、「Application is ready to be installed」というメッセージが表示されます。

    インストール準備完了

  5. もう一度[Install]をクリックします。Service Studioのアプリケーションリストが開き、Charts Webコンポーネントのアイコンの下に進捗バーが表示されます。インストールが完了するとアイコンが消えます。

    コンポーネントのインストール中

  6. 手順2~5を実行し、その他の拡張製品コンポーネントをインストールします。

拡張製品コンポーネントのリスト

以下は、すべての拡張製品コンポーネントのリストです。これらは下記の順序でインストールする必要があります。

  1. Charts Web(インストールの例として使用)
  2. Chartsモバイル
  3. OutSystems UI Web
  4. OutSystems UIモバイル
  5. OutSystemsのサンプルデータ
  6. OutSystems Template Screens Web
  7. OutSystems Template Screens Mobile
  8. OutSystems Now

これで完了です。この時点で、OutSystems on Microsoft Azureを使用することができます。OutSystemsインフラで実行する可能性がある構成の詳細については、追加構成をご覧ください。