Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

Webアプリケーションが対象
OutSystems

Web Block

独自のロジックを実装できる再利用可能な画面の一部。

公開Webブロック

以下の場合、Webブロックは公開できません。

  • 公開されていないエンティティまたはストラクチャを使用して定義されたパラメータがある場合。
  • 他のモジュールから再利用されているエンティティまたはストラクチャを使用して定義されたパラメータがある場合。
  • Linkウィジェット、Buttonウィジェット、またはBinary Data、Record、Listの各データ型のいずれかの引数を持つ使用中のWeb画面を含む場合。

ProducerモジュールとConsumerモジュールが異なるユーザープロバイダで実行されている場合、モジュールは異なるセッションを持ちます。この場合、セッションに関連付けられている変数はモジュールごとに異なる値を保持できます。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Public [Yes]に設定すると、他のモジュールが依存関係として要素を追加できるようになります。 Yes No
Icon この要素を識別するために表示される画像。 Yes
Original Name 要素を実装するモジュール(プロデューサモジュール)で定義されている要素名。このプロパティは読み取り専用です。 Yes このプロパティは、参照される要素に対してのみ表示されます。
Advanced
Cache in Minutes 内容や結果がメモリに保存される最大時間。定義されていない場合、何もキャッシュされません。
Style Sheet この要素に関連付けられたスタイル シート。 [...]をクリックしてプロパティ値を編集します。
JavaScript この要素に関連付けられたJavaScript。 [...]をクリックしてプロパティ値を編集します。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
RuntimeId 実行時のWeb Blockインスタンスの識別子。 Yes Text
  • Was this article helpful?