Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

External Site

指定されたURLに移動します。URLは開発時または実行時に定義できます。開発時に、External SiteツールのURLプロパティにURLを入力します。URLを動的に入力するには、URL入力パラメータが必要です。これは、ツリーのExternal Siteを右クリックして[Add Input Parameter]を選択すると作成できます。入力パラメータの名前のURLは変更しないでください。

EncodeURL()ビルトイン関数を使用してURLをエンコードします。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
URL 移動先のサイトアドレス。
Advanced
Is Frequent Destination [Yes]に設定すると、この要素がDestinationリストでクイックオプションとして表示されるようになります。 Yes No このプロパティは、Webアプリでのみ使用できます。
  • Was this article helpful?