Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

Webアプリケーションが対象
OutSystems

Table Recordsウィジェット

エンティティまたはストラクチャのレコードを表形式のレイアウトで表示します。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Source Record List ウィジェットで表示されるレコードの現在のリスト。 Yes このプロパティで使用される式(存在する場合)は、ウィジェットのランタイムプロパティが最初に使われたとき(リストのLengthランタイムプロパティを使用する式など)、またはウィジェットが描画されたときに評価されます。
Empty Message 表示するレコードがない場合に、ウィジェットの最初の行に表示されるテキスト。 "No items to show..."
Line Count このウィジェットに表示される最大行数。 Yes 50
Start Index 繰り返しの最初のリストアイテムのインデックス。式にすることができます。 Yes 0 このプロパティで使用される式(存在する場合)は、Web画面のPreparationの前に評価されます。
Cell Height テーブル内のセルの高さ(ピクセル単位)。適用可能なその他の単位は、ポイント(pt)またはパーセント(%)です。スタイルシートの定義を上書きします。
Cell Spacing セル間のスペース(ピクセル単位)。スタイルシートの定義を上書きします。
Show Header [Yes]に設定すると、テーブルのヘッダー行が表示されます。 Yes Yes
Style Classes ウィジェットに適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。 「TableRecords」
Header Style ウィジェットのヘッダーに適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。 「TableRecords_Header」
Odd Line Style ウィジェットの奇数行(ヘッダーを除く)に適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。 「TableRecords_OddLine」
Even Line Style ウィジェットの偶数行(ヘッダーを除く)に適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。 「TableRecords_EvenLine」
Extended Properties
Property この要素のHTML変換に追加するアトリビュート名。 ドロップダウンリストからプロパティを選択するか、フリーテキストを入力します。プロパティ名はプラットフォームによって検証されません。

プロパティの重複は許可されていません。スペース、「"」、「'」も許可されていません。
Value アトリビュートの値。 値を直接入力するか、式エディタを使用して式を記述します。

Valueが空の場合、対応するHTMLタグはproperty="property"として作成されます。たとえば、nowrapプロパティは値を必要としないため、nowrap="nowrap"が追加されます。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
List 実行したクエリが返すレコードの集合。 Record List
LineCount Line Countプロパティで定義された、ウィジェットに表示される最大行数。 Yes Integer
StartIndex Start Indexプロパティで定義された、ウィジェットに表示される最初のレコードのインデックス。 Yes Integer
Id 実行時にウィジェットインスタンスを識別します(HTMLのid属性)。JavaScriptと拡張プロパティで使用できます。 Yes Text

ウィジェットのレイアウト

このウィジェットのレイアウトは以下の規則に従います。

  • エンティティまたはストラクチャの各レコードは、このウィジェットの1行に対応する。

  • 各アトリビュートは1列に対応する。

  • 各アトリビュートに対して、以下のセマンティクスを持つn+1行の列が1つ存在する。

    1行目: Labelプロパティ(存在する場合)に対応するアトリビュート名、またはアトリビュート名。Header styleプロパティを設定すると、この行にスタイルを適用できます。

    その他の行: 各レコードのアトリビュートの値はExpressionウィジェットとして表示されるため、式エディタを使用して変更できます(オプションで、入力ウィジェットの1つを使用して表示し、編集することも可能)。Odd Line styleプロパティとEven Line styleプロパティを設定すると、奇数行と偶数行を異なるスタイルにすることができます。

ウィジェットを繰り返す

表示するエンティティやストラクチャのレコードは、このウィジェットのSource Record Listプロパティで定義します。このプロパティはList型にする必要があります。このリストの各レコードは別々の行に表示されます。ウィジェットに表示される最初のレコードは、リスト上のStart Indexの位置に対応し、表示されるレコード数はLine Countプロパティによって異なります。

Source Record Listを繰り返すには、繰り返すたびにTable RecordsウィジェットのLine CountおよびStart Indexランタイムプロパティを使用してStart Indexプロパティを更新する必要があります。

その他の注記

  • ウィジェットのNameプロパティが空でない場合、ウィジェットのIdランタイムプロパティは画面スコープ内でしか使用できません。

  • LineCountとStartIndexは、Table RecordsウィジェットのPreviousとNextの動作を実装するのに大変便利です。

  • Was this article helpful?