Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

Webアプリケーションが対象
OutSystems

Editable Tableウィジェット

エンティティまたはストラクチャのレコードを表形式レイアウトで表示し、ユーザーが新しいレコードを作成したり、既存のレコードを更新、削除したりできます。

このウィジェットは、複数のレコードを一度に追加、編集する効率的な方法を提供する複数のビルトイン動作を備えています。

  • TABキーを使用すると、入力を移動します。
  • ENTERキーを使用する、または行の最後の列でTABキーを使用すると、現在の行のレコードが保存されます。
  • 新しい行を追加してENTERキーを使用すると、そのレコードが保存されて新しい行が作成されます。
  • ESCキーを使用すると、レコードの編集または作成がキャンセルされます。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Source Record List ウィジェットに読み込むレコードのリストを指定します。 Yes
Width ウィジェットの幅(列単位)。適用可能なその他の単位は、ピクセル(px)、ポイント(pt)、パーセント(%)です。スタイルシートの定義を上書きします。
Margin Left ウィジェットの左マージン(列単位)。適用可能なその他の単位は、ピクセル(px)、ポイント(pt)、パーセント(%)です。スタイルシートの定義を上書きします。
Margin Top ウィジェットの上部マージン(ピクセル単位)。適用可能なその他の単位は、ポイント(pt)またはパーセント(%)です。スタイルシートの定義を上書きします。
Line Count このウィジェットに表示される最大行数。 Yes 50
Show Header [Yes]に設定すると、テーブルのヘッダー行が表示されます。 Yes
Style Classes ウィジェットに適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。 EditableTable
Enabled ウィジェットを編集できるかどうかを定義するBooleanリテラルまたは式。 Yes True
Delete Confirmation Message レコード削除アクションをユーザーが確認するために表示されるTextリテラルまたは式。
Add Record Message 新しいレコードを追加するためにリンクに表示されるテキスト。
Extended Properties
Property この要素のHTML変換に追加するアトリビュート名。 ドロップダウンリストからプロパティを選択するか、フリーテキストを入力します。プロパティ名はプラットフォームによって検証されません。

プロパティの重複は許可されていません。スペース、「"」、「'」も許可されていません。
Value アトリビュートの値。 値を直接入力するか、式エディタを使用して式を記述します。

Valueが空の場合、対応するHTMLタグはproperty="property"として作成されます。たとえば、nowrapプロパティは値を必要としないため、nowrap="nowrap"が追加されます。

イベント

名称 説明 必須 備考
On Row Save 新しいレコードまたはレコード更新を保持するために実行される画面アクション。
On Row Delete レコードが削除されるときに実行される画面アクション。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
Id 実行時にウィジェットインスタンスを識別します(HTMLのid属性)。JavaScriptと拡張プロパティで使用できます。 Yes Text
List 実行したクエリが返すレコードの集合。 Yes List
LineCount Line Countプロパティで定義された、ウィジェットに表示される最大行数。 Yes Integer
  • Was this article helpful?