Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

Webアプリケーションが対象
OutSystems

Combo Boxウィジェット

選択可能な値のリストからユーザーが特定の値を選択できるようにします。

選択可能な値のリストは、エンティティのアトリビュート、ストラクチャのアトリビュート、または特殊な値のリストです。エンティティまたはストラクチャから取得したリストに「All」や「None」のような特別な値を追加することもできます。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Variable ユーザーが入力した値を保持します。 Source Entity/Structureが指定されている場合は必須です。
Validation Parent Edit Recordウィジェットを指定します。Validation Parentが同じウィジェットは、グループとして検証されます。
Mandatory ユーザー入力が必要かどうかを定義するBooleanリテラルまたは式。 Yes No
Source Record List ウィジェットで表示されるレコードの現在のリスト。
Source Entity ウィジェットに読み込むデータエンティティ。
Source Attribute ウィジェットに読み込むリストのレコードのアトリビュートを指定します。
Source Identifier Attribute 選択された値の識別子として使用するストラクチャのアトリビュート。
Special Variable この値が定義されたSpecial Listに属している場合、ユーザーが選択した値を保持します。 変数は、Text型、Phone Number型、Email型、Boolean型、Integer型またはLong Integer型である必要があります。
実行時に、ユーザーがEntity/Structureの値リストの中から値を選択すると、このプロパティの値は「」になります。
Style Classes ウィジェットに適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。
Visible ウィジェットを表示するかどうかを定義するBooleanリテラルまたは式。 Yes
Enabled ウィジェットを編集できるかどうかを定義するBooleanリテラルまたは式。 Yes
Extended Properties
Property この要素のHTML変換に追加するアトリビュート名。 ドロップダウンリストからプロパティを選択するか、フリーテキストを入力します。プロパティ名はプラットフォームによって検証されません。

プロパティの重複は許可されていません。スペース、「"」、「'」も許可されていません。
Value アトリビュートの値。 値を直接入力するか、式エディタを使用して式を記述します。

Valueが空の場合、対応するHTMLタグはproperty="property"として作成されます。たとえば、nowrapプロパティは値を必要としないため、nowrap="nowrap"が追加されます。
On Change
Destination 要素の値が変更されたときに実行される画面アクションまたは移動先の画面。 追加の入力引数の指定が必要になる場合があります。
Special List
Value Special Variableに割り当てられた値。
Option ウィジェットに表示されるテキスト。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
SpecialListValue SpecialListValueランタイムプロパティは非推奨です。代わりにSpecial Variableプロパティを使用することを検討してください。 Text
Valid Combo Boxの場合は常にTrueです。このプロパティの値は、カスタム検証を実行するときに上書きできます。 Boolean
ValidationMessage ValidがFalseの場合にビルドイン検証制約を満たしていないことを説明するメッセージ。このプロパティの値は、カスタム検証を実行するときに上書きできます。 Text
Id 実行時にウィジェットインスタンスを識別します(HTMLのid属性)。JavaScriptと拡張プロパティで使用できます。 Yes Text
  • Was this article helpful?