Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

Human Activity

プロセスのプロセスフローを設計する際、エンドユーザーが実行する作業を追加できます。この動作を実装するには、Human Activityプロセスアクティビティを「Process Flowツールボックス」からキャンバスにドラッグします。

Human Activityでは、アプリケーションのエンドユーザーが実行する作業を指定して割り当てることができます。プロセスフローの実行がHuman Activityに到達すると、実行する必要がある作業を(「Taskbox」で)エンドユーザー(複数可)に通知します。次に、そのうちの1人がアクティビティを実行し、Taskboxで実行されたことを通知してHuman Activityの実行が終了します。プロセスフローの実行はフローパスの次のプロセスアクティビティに続きます。

Human Activityには、入力パラメータ、出力パラメータ、「コールバックアクション」を設定できます。

Human Activityにはユーザーインターフェイスが必要であるため、サービスモジュールでは使用できません。

エンドユーザーにHuman Activityを割り当てる

構成が行われていない場合、Human Activityはすべてのエンドユーザーに割り当てられます。つまり、エンドユーザーの誰かが実行するまで各エンドユーザーの「タスクボックス」に表示されます。ただし、Human Activityを特定のエンドユーザーに強制的に割り当てるには、Userプロパティを目的のエンドユーザーに設定します。高度なケースでは、[Expression]式エディタを使用して、アクティビティを処理するユーザーを返す式を設定できます。

エンティティイベントのアクティビティを終了する

エンティティ上でイベントが発生した後にHuman Activityの実行を自動的に終了する場合、そのイベントの種類をClose Onプロパティに以下のいずれかのエンティティアクションとともに設定する必要があります(Create<エンティティ>またはUpdate<エンティティ>)。

On Closeプロパティでイベントの種類を選択すると、エンティティアトリビュートのリストが表示され、Human Activityアクティビティを自動的に終了する条件、特定のレコードの主キー、またはアトリビュートの特定の値の参照アトリビュートを設定できます。

たとえば、ユーザーに面接を実施するよう求めるHuman Activityで、面接のキャンセルを可能にするには、*Close Onプロパティに*UpdateInterviewエンティティアクションを設定し、面接のステータスのアトリビュートにキャンセル済みを示すコードを設定する必要があります。

セキュリティを追加する

Human Activityにセキュリティを追加して、許可されたエンドユーザーだけがアクティビティを実行できるようにすることができます。これは、重要または責任重大なアクティビティに特に役立ちます。そのためには、Human Activityの実行を許可されているロールを確認します。

Human Activityの参照を使用する

Service Studioには、複数のeSpaces間でHuman Activityプロセスアクティビティにアクセスする仕組みが用意されています。Human Activityプロセスアクティビティを他のeSpaceに公開したり、別のeSpaceで定義されたHuman Activityプロセスアクティビティを使用したりできます。アクティビティ内のプロセスが公開されていないか、モジュールがマルチテナントである場合、このアクティビティは公開できません。

注意事項

別のエンティティからのイベントを検出するClose Onプロパティの変更は、変更後に作成されたHuman Activityのインスタンスにのみ反映されます。すでに実行しているすべてのインスタンスは、以前のエンティティからのイベントの検出を継続します。したがって、以前のエンティティを検出するHuman Activityインスタンスがなくなった場合にのみ、この変更を行う必要があります。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label このHuman Activityのインスタンスが実行されると、Taskboxおよびバックオフィスに表示されるテキスト。 定義されていない場合、表示されるテキストはHuman Activity名になります。
Public このプロセスアクティビティを他のモジュールが使用できるかどうかを示します。 Yes No このプロパティは、現在のモジュールで作成されたプロセスアクティビティでのみ使用できます。プロセスアクティビティがパブリックの場合、そのプロセスもパブリックである必要があります。
User アクティビティを完了する予定のユーザーを定義します。式にすることができます。
Close On Human Activityの実行を自動的に終了するエンティティアクション。 プロセスアクティビティの実行を自動的に閉じる(終了する)イベント。

Create <エンティティ>: 指定したエンティティのレコードが作成されるとHuman Activityは終了します。

Update <エンティティ>: 指定したエンティティのレコードが更新されるとHuman Activityは終了します。
Destination Taskboxでこのアクティビティを開いた後、ユーザーがHuman Activityの作業を完了させる画面。
Original Name 要素を実装するモジュール(プロデューサモジュール)で定義されている要素名。このプロパティは読み取り専用です。 Yes このプロパティは、参照される要素に対してのみ表示されます。
End-User Information
Detail Taskboxでユーザーに表示されるHuman Activityの説明。式にすることができます。
Instructions Human Activityの作業を完了する方法に関する指示。Taskboxでユーザーに表示されます。
Due Date アクティビティの期限をエンドユーザーに通知する任意の日付。式にすることができます。
Advanced
Allow Skip [True]に設定すると、アクティビティの実行はスキップされます。 Yes No スキップが許可されている場合、タスクをスキップするオプションがエンドユーザーのTaskboxに表示されます。
Start Date アクティビティがいつ処理できるようになる予定かを定義する任意の日付。式にすることができます。
Roles
Roles モジュールで使用可能なロールのリスト。Human Activityの作業を実行する権限が付与されているロールを選択できます。 Registered
ApplicationUser

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
ClosedBy プロセスアクティビティインスタンスを終了したエンドユーザの識別子。 Yes
ClosedInstant プロセスアクティビティインスタンスが終了した日付と時刻。 Yes Date Time
Skipped スキップされたことによってプロセスアクティビティインスタンスが終了した場合はTrue。 Yes Boolean
ActivityId 実行時のプロセスアクティビティインスタンスの識別子。 Yes
  • Was this article helpful?