Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

Execute Process

プロセスのプロセスフローを設計する際、別のプロセスを実行できます。プロセスフローは、実行されたプロセスがその実行を終了するまで待機してから、パスの次のプロセスアクティビティを実行します。この動作を実装するには、Executeプロセスアクティビティを「Process Flowツールボックス」からキャンバスにドラッグします。

Execute Processを使用すると、プロセスの再利用性が向上し、プロセスの実装の一貫性を維持するのに役立ちます。

Execute Processには、実行されたプロセスの入力パラメータと出力パラメータがあります。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label このExecute Processアクティビティのインスタンスが実行されると、バックオフィスに表示されるテキスト。 定義されていない場合、表示されるテキストはExecute Processアクティビティ名になります。
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Process プロセスアクティビティによって実行されるプロセス。 Yes 読み取り専用。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
ClosedInstant プロセスアクティビティインスタンスが終了した日付と時刻。 Yes Date Time
ActivityId 実行時のプロセスアクティビティインスタンスの識別子。 Yes
  • Was this article helpful?