Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

プロセス

プロセスは、ビジネスプロセスとアプリケーションの統合を可能にする要素です。プロセスの設計はプロセスフローで行います。プロセスフローは通常、エンティティのライフサイクルの間に実行されるアクティビティを表します。

OutSystemsで「プロセスを使用する」方法をご覧ください。

公開プロセスアクティビティ

プロセスアクティビティ内のプロセスが公開されていないか、モジュールがマルチテナントである場合、そのプロセスアクティビティは公開できません

公開可能なプロセスアクティビティは以下のとおりです。

  • Human Activity
  • Wait
  • Conditional Start

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Public [Yes]に設定すると、他のモジュールが依存関係として要素を追加できるようになります。 Yes No このプロパティは、現在のモジュールで作成されたプロセスでのみ使用できます。プロセスがパブリックに設定されている場合、そのプロセスエンティティもパブリックになります。
Launch On 新しいプロセスインスタンスの実行を自動的に開始するエンティティアクション。 エンティティアクションが選択されると、エンティティの主キーがプロセスの入力パラメータとして自動的に追加されます。このように、各プロセスインスタンスには、それに関連したエンティティレコードを示す参照が存在しています。
Original Name 要素を実装するモジュール(プロデューサモジュール)で定義されている要素名。このプロパティは読み取り専用です。 Yes このプロパティは、参照される要素に対してのみ表示されます。
End-User Information
Label エンドユーザーに表示されるプロセス名。
Detail プロセスフローでHuman ActivityのデフォルトのDetailプロパティとして使用される説明。 Launch Onプロパティが定義されていない場合、または定義されていても参照されているエンティティにテキストTextアトリビュートがない場合は、このプロパティを定義する必要があまりす。これらのプロパティは、指定されたプロパティを持たないHuman ActivityのDetailプロパティのデフォルト値を計算するために使用されます。
エンドユーザーに対して文脈情報を与えるために、式を使用して動的な説明を構築できます。
Advanced
Expose Process Entity [Yes]に設定すると、対応するプロセスエンティティがエンティティフォルダーで使用できるようになります。 Yes No

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
ProcessId 実行時のプロセスインスタンスの識別子。 Yes
  • Was this article helpful?