Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

モバイルアプリが対象
OutSystems

List Action

List Itemをスワイプした際の動作を定義すると、画面アクションを実行したり、他の画面に移動したりできます。

新しいリストアクションを挿入するには、リストアイテムを選択し、リストアクションのスワイプ方向に応じてツールバーのボタン([Swipe Right Action]または[Swipe Left Action])をクリックします。

プロパティ

Right Actions/Left Actionsリストアイテムプレースホルダに追加される最初のリストアクションにはスタイルクラス「list-item-action-primary」が追加されます。後続のリストアクションにはスタイルクラス「list-item-action-default」が追加されます。
名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Visible ウィジェットを表示するかどうかを定義するBooleanリテラルまたは式。 Yes True
Style Classes ウィジェットに適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。 "list-item"
Attributes
Property この要素のHTML変換に追加するアトリビュート名。 ドロップダウンリストからプロパティを選択するか、フリーテキストを入力します。プロパティ名はプラットフォームによって検証されません。

プロパティの重複は許可されていません。スペース、「"」、「'」も許可されていません。
Value アトリビュートの値。 値を直接入力するか、式エディタを使用して式を記述します。

Valueが空の場合、対応するHTMLタグはproperty="property"として作成されます。たとえば、nowrapプロパティは値を必要としないため、nowrap="nowrap"が追加されます。

イベント

名称 説明 必須 備考
On Click ウィジェットがクリックされたときに実行される画面アクションまたは移動先の画面。 Yes
Transition 他の画面に移動するときに適用される移行エフェクト。 デフォルトでは、モジュールレベルで定義されます。
Event 処理されるJavaScriptまたはカスタムイベント。
Handler JavaScriptイベントハンドラ。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
Id 実行時にウィジェットインスタンスを識別します(HTMLのid属性)。JavaScriptと拡張プロパティで使用できます。 Yes Text
  • Was this article helpful?