Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

Image

画面またはブロックに画像を表示します。画像のソースは、以下のいずれかです。

  • モジュールにリソースとして含まれるローカル画像。
  • URLを介してアクセス可能なプラットフォームの外に保存された外部画像。画面の描画時に、画像のURLが処理され、画像が取得されて画面に表示されます。
  • バイナリデータとしてプラットフォームのデータベースに保存された画像。

対応している画像形式はGIF、JPEG、PNGです。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Type 画像のソースを指定します(Local Image、External URL、Binary Data)。 Yes Local Image
Image Typeが[Local Image]に設定されている場合は、表示する画像を定義します。 Typeが[Local]に設定されている場合にのみ使用可能です。
URL Typeが[External URL]に設定されている場合は、表示する画像のURLを定義します。 Typeが[External URL]に設定されている場合にのみ使用可能です。
Image Content Typeが[Binary Data]に設定されている場合は、表示する画像を定義します。 Typeが[Binary Data]に設定されている場合にのみ使用可能です。
Default Image Binary Data型画像が取得できない場合に表示する画像。 Typeが[Binary Data]に設定されている場合にのみ使用可能です。
Style Classes ウィジェットに適用する1つまたは複数のスタイルクラスを指定します。複数の値はスペースで区切ります。
Attributes
Property この要素のHTML変換に追加するアトリビュート名。 ドロップダウンリストからプロパティを選択するか、フリーテキストを入力します。プロパティ名はプラットフォームによって検証されません。

プロパティの重複は許可されていません。スペース、「"」、「'」も許可されていません。
Value アトリビュートの値。 値を直接入力するか、式エディタを使用して式を記述します。

Valueが空の場合、対応するHTMLタグはproperty="property"として作成されます。たとえば、nowrapプロパティは値を必要としないため、nowrap="nowrap"が追加されます。

イベント

名称 説明 必須 備考
Event 処理されるJavaScriptまたはカスタムイベント。
Handler JavaScriptイベントハンドラ。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
Id 実行時にウィジェットインスタンスを識別します(HTMLのid属性)。JavaScriptと拡張プロパティで使用できます。 Yes Text
  • Was this article helpful?