Skip to main content

 

ロジック

 

Webアプリケーションが対象
OutSystems

Send Email

WebフローでSend Emailツールを使用してメールを送信します。メールの内容は、事前定義されたメール画面に基づきます。この画面は、プロパティペインの[Email]フィールドで指定できます。メールは、OutSystemsスケジューラーサービスが送信キューを確認した後に非同期で送信されます。

Send Emailにはユーザーインターフェイスが必要であるため、サービスモジュールでは使用できません。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
From 送信者のメールアドレス。 ビルトイン関数EmailAddressCreateを使用して、Fromプロパティをエンコードした値を作成します。

デフォルトの送信者は、Service Centerの[Email Configuration]で設定します。
To メールを送信する1つまたは複数のメールアドレス。メールアドレスはカンマ(,)で区切ります。 Yes メールアドレスを操作するには、Emailデータ型とメールビルトイン関数を使用します。
CC メールのカーボンコピーを送信する1つまたは複数のメールアドレス。メールアドレスはカンマ(,)で区切ります。 メールアドレスを操作するには、Emailデータ型とメールビルトイン関数を使用します。
BCC メールのブラインドカーボンコピーを送信する1つまたは複数のメールアドレス。メールアドレスはカンマ(,)で区切ります。 メールアドレスを操作するには、Emailデータ型とメールビルトイン関数を使用します。
Log Content [Yes]に設定すると、メールの内容がPlatform Serverのメールログに保存されます。Service Centerのメールログを確認します。 Yes No
Email 送信するメールの本文として使用するメール画面。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 このプロパティは、プロセスフローでのみ使用できます。
Label このSend Emailアクティビティのインスタンスが実行されると、バックオフィスに表示されるテキスト。 このプロパティは、プロセスフローでのみ使用できます。

ランタイムプロパティ

名称 説明 読み取り専用 備考
EmailId 送信されたメールの識別子。
ActivityId 実行時のプロセスアクティビティインスタンスの識別子。 Yes
  • Was this article helpful?