Skip to main content

 

ロジック

 

OutSystems

Assign

Assignツールlを使用して変数に値を割り当てます。プロパティペインには、変数と値のペアの割り当てが表示され、割り当て文が作成されます。文内のValueは、他の変数、リテラルまたは計算値にすることができます。

Variableを選択するには、プロパティペインのAssignツールのフィールドで、以下のいずれかの操作を行います。

  • ドロップダウンリストでVariableの名前を選択します。
  • 変数名を入力します(または提案の入力を開始します)。
  • フィールドをダブルクリックするか、等号アイコン()をクリックするか、ドロップダウンリストで[(Select Variable ...)]を選択して[Assign Value]ウィンドウを開きます。

同様に[Value]フィールドに値または変数を割り当てるには、以下の操作を実行します。

  • ドロップダウンリストで変数名を選択します。
  • 値を入力します。
  • フィールドをダブルクリックするか、式アイコン()をクリックするか、ドロップダウンから[(Expression Editor...)]を選択して式エディタを開きます。

Recordデータ型の値を割り当てる場合、Service Studioでは、レコードを識別するアトリビュートの最初の割り当てを設定すると、自動的にアトリビュートの値を割り当てることができます。自動割り当てが利用可能な場合は、[(Auto Assign < Record >.< Attribute >)]がドロップダウンリストに表示されます。

OutSystemsは値によって割り当てますが、参照による割り当ての例外がいくつかあります。Record List、Binary Data、Objectデータ型の値は、参照によって割り当てられます。コピーを作成して値による割り当てを実行するには、ListDuplicate()ビルトイン関数を使用します。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Label フロー内の要素を識別します。
Assignments
Variable 割り当ての左側。 Yes 表示される変数は、アクションのスコープ内で表示される変数のみです。
同じAssign要素内に複数の変数の値を一度に設定できます(それぞれにVariable/Valueのペアを提供します)。
Value 割り当ての右側。 Yes
  • Was this article helpful?