Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

計算ビルトイン関数

名称 説明
Abs(​Decimal) 小数「n」の絶対値(符号なしの値)を返します。
Mod(​Decimal, Decimal) 「n」を「m」で割る小数の除算の剰余を返します。
Power(​Decimal, Decimal) 「n」の「m」乗を返します。
Round(​Decimal, Integer) 指定された「小数点以下の桁数」で端数処理された小数「n」を返します。
適用される端数処理は、関数の使用場所によって異なります。
- クライアント側とサーバー側のロジックの式では、最近接偶数への丸めの方法が適用されます(最も近い整数に四捨五入。0.5は最も近い偶数の整数に丸める)。
- SQL ServerまたはOracleデータベースにクエリを実行するAggregateでは、四捨五入(0.5は0から離れた数に丸める)が適用されます(最も近い整数に四捨五入。0.5は0から離れた数に丸める)。
- iDB2データベースにクエリを実行するAggregateでは、四捨五入が適用されます(最も近い整数に四捨五入。0.5は切り上げる)。
Sqrt(​Decimal) 小数「n」の平方根を返します。
Trunc(​Decimal) 「n」の小数部分を削除して整数に切り捨てられた小数「n」を返します。

Abs

小数「n」の絶対値(符号なしの値)を返します。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: 可
  • クライアント側ロジック: 可
  • データベース: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。
  • ローカルストレージ: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。

パラメータ

n
型: Decimal。必須。
絶対値を抽出する数値。

出力

型: Decimal

Abs(-10.89) = 10.89

Mod

「n」を「m」で割る小数の除算の剰余を返します。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: 可
  • クライアント側ロジック: 可
  • データベース: 関数は、Aggregateが実行される前に評価されます。
  • ローカルストレージ: 関数は、Aggregateが実行される前に評価されます。

パラメータ

n
型: Decimal。必須。
剰余演算の被除数。
m
型: Decimal。必須。
剰余演算の除数。

出力

型: Decimal

Mod(10, 3) = 1
Mod(4, 3.5) = 0.5

Power

「n」の「m」乗を返します。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: 可
  • クライアント側ロジック: 可
  • データベース: 関数は、Aggregateが実行される前に評価されます。
  • ローカルストレージ: 関数は、Aggregateが実行される前に評価されます。

パラメータ

n
型: Decimal。必須。
基数の値。
m
型: Decimal。必須。
指数の値。

出力

型: Decimal

Power(100, 2) = 10000
Power(-10.89, 2.3) = 0
Power(-10.89, -5) = -6.52920946044017E-06

Round

指定された「小数点以下の桁数」で端数処理された小数「n」を返します。
適用される端数処理は、関数の使用場所によって異なります。
- クライアント側とサーバー側のロジックの式では、最近接偶数への丸めの方法が適用されます(最も近い整数に四捨五入。0.5は最も近い偶数の整数に丸める)。
- SQL ServerまたはOracleデータベースにクエリを実行するAggregateでは、四捨五入(0.5は0から離れた数に丸める)が適用されます(最も近い整数に四捨五入。0.5は0から離れた数に丸める)。
- iDB2データベースにクエリを実行するAggregateでは、四捨五入が適用されます(最も近い整数に四捨五入。0.5は切り上げる)。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: 可
  • クライアント側ロジック: 可
  • データベース: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。
  • ローカルストレージ: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。

パラメータ

n
型: Decimal。必須。
端数処理する小数
fractionalDigits
型: Integer。
「n」を端数処理する小数点以下の桁数を指定するために使用します。デフォルト値は0。注記:Aggregateでは、このパラメータは指定しません。

出力

型: Decimal

クライアント側とサーバー側のロジックの式で使用する場合:
Round(-10.89) = -11
Round(-5.5) = -6
Round(9.3) = 9
Round(2.5) = 2
Round(3.5) = 4
Round(9.123456789, 5) = 9.12346

SQL ServerまたはOracleデータベースにクエリを実行するAggregateで使用する場合:
Round(-10.89) = -11
Round(-5.5) = -6
Round(9.3) = 9
Round(2.5) = 3
Round(3.5) = 4

iDB2データベースにクエリを実行するAggregateで使用する場合:
Round(-10.89) = -11
Round(-5.5) = -5
Round(9.3) = 9
Round(2.5) = 3
Round(3.5) = 4

Sqrt

小数「n」の平方根を返します。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: 可
  • クライアント側ロジック: 可
  • データベース: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。
  • ローカルストレージ: 関数は、Aggregateが実行される前に評価されます。

パラメータ

n
型: Decimal。必須。
平方根を計算する数値。

出力

型: Decimal

Sqrt(2.3) = 1.51657508881031

Trunc

「n」の小数部分を削除して整数に切り捨てられた小数「n」を返します。

利用可能箇所:

  • サーバー側ロジック: 可
  • クライアント側ロジック: 可
  • データベース: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。
  • ローカルストレージ: Aggregateのアトリビュートで使用可能です。

パラメータ

n
型: Decimal。必須。
切り捨てる数値。

出力

型: Decimal

Trunc(-10.89) = -10
Trunc(7.51) = 7
  • Was this article helpful?