Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

XMLデータ型をOutSystemsデータ型にマッピングする

モジュールでSOAP Webサービスを利用する場合、OutSystemsはXMLデータ型を以下のようにOutSystemsデータ型にマッピングします。

XMLデータ型 OutSystemsデータ型
anySimpleType
anyAtomicType
anyType
anyURI
Text
Text
Text
Text
bool
boolean
base64Binary
byte
bytev
Boolean
Boolean
Binary
Integer
Integer
char Integer
choice 静的エンティティ + ストラクチャ(「注記」をご覧ください)
date
dateTime
dateTimeStamp
decimal
double
duration
dayTimeDuration
yearMonthDuration
Date
Date Time
Date Time
Text
Text
Text
Text
Text
ENTITY
ENTITIES
enum
Text
Text
静的エンティティ(「注記」をご覧ください)
float Text
gDay
gMonth
gMonthDay
gYearMonth
gYear
Text
Text
Text
Text
Text
hexBinary Binary
ID
IDREF
IDREFS
int
integer
Text
Text
Text
Integer
Text
language
long
Text
Long Integer
Microsoft Datasets Text
Name
NCName
negativeInteger
NMTOKEN
NMTOKENS
nonNegativeInteger
nonPositiveInteger
normalizedString
NOTATION
Text
Text
Text
Text
Text
Text
Text
Text
Text
Object Text
positiveInteger Text
QName Text
short
signed byte
string
Integer
Integer
Text
time
token
Time
Text
unsignedByte
unsignedInt
unsignedLong
unsignedShort
Integer
Long Integer
Decimal
Integer
XML Element Text
XSD Arrays List
OutSystemsでは、リストは任意のデータ型要素のシーケンスです。そのためXSD配列は、XSD配列の要素を表現する要素を持つレコードリストにマッピングされます。XSD配列がIntegerの場合、Service Studioでのマッピングは、Integer型アトリビュートを1つ持つストラクチャのリストとなります。
XSD Complex data types Record
(その他の型) Text

注記

Enumeration
Enumerationは、Enum_<型名>のような名前を持つ、読み取り専用のOutSystems静的エンティティとして作成されます。 要素のアトリビュートがenumである場合、データ型はEnum静的エンティティ識別子に設定されます。
Choice

Choiceは、Choice_<要素名>のような名前を持つ、読み取り専用の静的エンティティとして作成されます。 この静的エンティティと一緒に、choice要素自体を表すストラクチャも作成されます。このストラクチャには以下のアトリビュートがあります。

  • Choice_<要素名>静的エンティティのIDであるChoice。
  • 各データ型のChoiceのオプションにつき1つのアトリビュート。

Choice型のWSDL要素の値を設定するには、Choiceアトリビュートを希望するChoiceのIDに設定し、「Choice」の値に基づいて対応するストラクチャアトリビュートを入力します。

マッピングの制限

  • 他の型に「制限」を適用して派生させた型は、通常、元の型と同じになります。適切なデータ型を派生させるにはmaxLengthおよびfractionDigitsの制限のみが考えられますが、制限は実行時には強制されません。
  • サブ型がschemaelement型(つまり、動的スキーマ)は、単純なText型の項目として解釈されます。
  • サブ型に制限のない(スペースで区切られたテキストの連続であるlistなどの)simpleType型は、単純なText型の項目として解釈されます。
  • サブ型がsequenceallまたはcomplexContentではないcomplexType型は、単純なText型の項目として解釈されます。
  • 制限や拡張のないサブ型complexContentは、単純なText型の項目として解釈されます。
  • SOAP Webサービスの注釈は無視されます。

利用対象の「SOAP Webサービスの制約」のリストもご覧ください。

  • Was this article helpful?