Skip to main content

 

拡張性および連携

 

OutSystems

入力パラメータ(利用対象のSOAPメソッド)

利用対象のSOAP Webサービスメソッドの入力パラメータ。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Data Type 入力パラメータのデータ型。 Yes
Is Mandatory パラメータが必須かどうかを識別します。 Yes
Advanced
Default Value この要素の初期値。未定義の場合、データ型のデフォルト値が使用されます。
Send Default Value デフォルト値を保持している場合は、レスポンスペイロード内の入力パラメータの値を送信します。 Yes
Original Namespace WSDLで定義された名前空間。
Original Name WSDLで定義された入力パラメータ名。 Yes
Original Description WSDLで提供された入力パラメータの説明。
Original Type WSDLで定義されたアトリビュートのデータ型。
Original Default Value WSDLで定義されたアトリビュートのデフォルト値。
Min. Occurrences WSDLで定義されたこの要素の最小表示回数。 Yes
Max. Occurrences WSDLで定義されたこの要素の最大表示回数。 Yes
Nillable [Yes]に設定すると、要素がnil値を受け入れられるようになります。 Yes
  • Was this article helpful?