Skip to main content

 

拡張性および連携

 

OutSystems

利用対象のSOAP Webサービスの制約

SOAP Webサービスを利用する場合、OutSystemsの言語表現力の都合上、一部のシナリオはIntegration Studioで拡張機能を用いた場合のみサポートされます。

以下のシナリオでは、拡張機能を実装する必要があります。

  • SOAP配列(SOAP-ENC:Array)を使用したWebサービス。
  • カスタム単純型を使用したWebサービス。
  • 再帰データ型(自らを含むストラクチャ)を使用したWebサービス。
  • complexType要素で混在コンテンツを使用したWebサービス。
  • メソッドの入出力定義で、soap:body parts='parameters'を使用するWebサービス。 「element」、「simpleType」、「complexType」または「attribute」のXSD構造のいずれでも作成されていない構造化型を使用したWebサービス。
  • 「マッピング制約」のあるデータ型を使用したWebサービス。

WSDLで宣言されたデータ型のうち、Webメソッドで使用されていないものは、インポートされません。

利用対象となるWebサービスを確認している際、Service Studioが現在サポートされていない具体的なSOAP機能について知らせる場合があります。この場合、WSDLを手動で調整すると、WebサービスをOutSystemsで利用できるようになる場合があります。

  • Was this article helpful?