Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

ビルトインのHTTPステータスコード

公開されているREST APIメソッドを利用する場合、OutSystemsでは以下のHTTPステータスコードを使用します。

ステータスコード 原因メッセージ 説明
200 OK 成功。
400 Bad Request リクエストに問題があります。詳細については、レスポンスボディをご覧ください。
401 Unauthorized メソッドがベーシック認証を使用しているにもかかわらず、認証ヘッダーが欠落しています。
403 Forbidden サービスがSSLを必要としています。または内部ネットワーク環境設定によってのみアクセスを許可します。
404 Not Found 指定されたREST APIまたはメソッドが存在しません。
405 Method Not Allowed 指定したHTTPメソッドでは、このREST APIを使用できません(POSTではなくPUTリクエストでREST APIメソッドを呼び出している場合など)。
406 Not Acceptable リクエストのAcceptヘッダーが、サポートされていないレスポンスメディア型を必要としています。
415 Unsupported Media Type メソッドが、リクエストに異なるContent-Typeヘッダー値を求めています。
500 Internal Server Error アプリケーションロジックに、未処理の例外あります。詳細については、レスポンスボディをご覧ください。

HTTPRequestHandler拡張機能のSetStatusCodeアクションを使用すると、カスタムステータスコードを設定できます。これは高度な拡張シナリオです。自社インフラで意図されたとおりに動作するかどうかを必ずテストしてください。

  • Was this article helpful?