Skip to main content

 

拡張および連携

 

OutSystems

出力パラメータ(REST APIメソッド)

利用しているREST APIメソッドの出力パラメータ。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Data Type 出力パラメータのデータ型。 Yes
高度な設定
Receive In 出力パラメータがHTTPのヘッダーとボディのどちらで検出されるのかを示します。 Yes Body
Name in Response HTTPレスポンスで使用される出力パラメータの元の名前。 指定されていない場合は、Nameと同じ値になります。
Default Value この要素の初期値。未定義の場合、データ型のデフォルト値が使用されます。
  • Was this article helpful?