Skip to main content

 

拡張性および連携

 

OutSystems

RESTデータ型をOutSystemsデータ型にマッピングする

モジュールでREST APIメソッドを利用する場合、OutSystemsは提示された例を利用して自動的にリクエストおよびレスポンスのストラクチャを生成し、アトリビュートを以下のようにOutSystemsデータ型にマッピングします。

JSONの例 OutSystemsデータ型 コメント
{"quantity" : 123456789} Long Integer 最大値: 2^63-1
{"totalprice" : 12345678901, "amount" : -3935.120} Decimal 値が整数であるものの2^63以上の場合、小数パラメータが作成されます。
{"createdon" : "2014-12-31T23:59:59+01:00", "shippedon" : "2015-01-01T19:00:00.256"} Date Time ISO日付にタイムゾーン情報が含まれている場合には、サーバーのローカル時刻に自動的に変換され、夏時間も適用されます。
{"scheduledstart" : "/Date(1388534400000)/"} Date Time WCF形式
{"createdon" : "2014-12-24"} Date 形式: YYYY-MM-DD
{"canupdate" : true} Boolean
{"name" : "Christine Sharp"} Text

上記データ型のいずれにも変換できないデータは、Text型に変換されます。

  • Was this article helpful?