Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

静的エンティティ

静的エンティティとは、静的データが関連付けられているエンティティです。この静的データは設計時に管理され、アプリケーションのビジネスロジック設計で直接使用できるため、強い型付けというメリットが得られます。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name モジュール内のエンティティを識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label アプリケーションのユーザーインターフェイスでエンティティについて説明するために使用されるラベル。
Label (plural) アプリケーションのユーザーインタフェースでエンティティの複数形について説明するために使用されるラベル。
Public [Yes]に設定すると、他のモジュールが依存関係として要素を追加できるようになります。 Yes No
Identifier Attribute エンティティを一意に識別するアトリビュート。 Id
Label Attribute アトリビュートについて説明するために使用されるラベル。 Label
Order By Attribute エンティティのレコードのデフォルトの順序付けに使用されるアトリビュート。 Order
Is Active Attribute クエリでレコードを取得するかどうかを定義する、エンティティのBoolean型アトリビュートを指定します。 Is_Active
Original Name 要素を実装するモジュール(プロデューサモジュール)で定義されている要素名。このプロパティは読み取り専用です。 Yes このプロパティは、参照される要素に対してのみ表示されます。
Advanced
Use Translations 静的エンティティのレコードに既存の変換を使用するかどうかを示します。 Yes Yes
  • Was this article helpful?