Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

エンティティ

エンティティは、データベースのテーブルを表します。

公開エンティティ

公開エンティティは、エンティティのExpose Read OnlyをYesに設定することで、変更からレコードが保護されます。

プロパティ

名称 説明 必須 デフォルト値 備考
Name モジュール内のエンティティを識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label アプリケーションのユーザーインターフェイスでエンティティについて説明するために使用されるラベル。
Label (plural) アプリケーションのユーザーインタフェースでエンティティの複数形について説明するために使用されるラベル。
Public [Yes]に設定すると、他のモジュールが依存関係として要素を追加できるようになります。 Yes No
Expose Read Only [Yes]に設定すると、データレコードがコンシューマモジュールで書き込まれないように保護しながら、エンティティを公開します。 Yes No
Identifier Attribute エンティティを一意に識別するアトリビュート。
Label Attribute アトリビュートについて説明するために使用されるラベル。
Order By Attribute エンティティのレコードのデフォルトの順序付けに使用されるアトリビュート。 (None)
Is Active Attribute クエリでレコードを取得するかどうかを定義する、エンティティのBoolean型アトリビュートを指定します。 (None)
Original Name 要素を実装するモジュール(プロデューサモジュール)で定義されている要素名。このプロパティは読み取り専用です。 Yes このプロパティは、参照される要素に対してのみ表示されます。
Advanced
Update Behavior エンティティレコードの更新を実行する方法を設定します。
- All Attributes: 常にデータベース内のすべてのアトリビュートを更新します。
- Changed Attributes: 変更されたアトリビュートのみをデータベースで更新するため、効率が向上します。
Yes Changed Attributes
Expose Process Events [True]に設定すると、エンティティレコードを作成または更新することによって、処理するイベントが発行されます。 Yes No
Is Multi-tenant [Yes]に設定すると、テナントごとにデータを分離します。「No]に設定すると、テナント間でデータを共有します。未設定の場合は、モジュールの設定を継承します。 Yes
Show Tenant Identifier [Yes]に設定すると、TenantIdエンティティアトリビュートを表示し、このエンティティの自動データ分離を無効にします。 Yes No
Original Show Tenant Identifier 参照されるモジュールで設定された元の TenantIdプロパティの値を示します。 Yes No
Logical Database エンティティが保存されている外部データベースのプラットフォームの論理名。
Supports Nulls [Yes]に設定すると、デフォルト値で設定されている必須アトリビュートは、外部データベースへデータを保存する際にはnullに変換され、外部データベースからデータを取得する際にはnullから変換されます。それ以外の場合は、変換されません。 Yes No このプロパティは、拡張モジュールからの参照エンティティでのみ表示されます。
値の変換は、必須アトリビュートにのみ適用されます。
  • Was this article helpful?