Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

データベースのインデックス

エンティティを定義する際は、OutSystemsによって自動的に作成されたインデックス以外にも、インデックスを指定できます。

自動インデックス

削除規則を[Protect]または[Delete]に設定して作成した各外部キーについて、OutSystemsはインデックスを自動的に作成します。データベースでは、このインデックスには「OSIDX」というプレフィックスが付けられます。

CREATE INDEX OSIDX_<内部名> ON <エンティティ>(<参照アトリビュート>)

アトリビュートの削除規則が[Ignore]に変更された場合、自動インデックスは削除されます。

カスタムインデックス

独自のインデックスを定義し、アプリケーションのパフォーマンスを向上することができます。インデックスを作成すると、OutSystemsは「OSIDX」というプレフィックスが付いたインデックスをデータベースに作成します。

一意のインデックス

CREATE UNIQUE INDEX OSIDX_<内部名> ON <エンティティ>(<アトリビュート>)

非一意のインデックス

CREATE INDEX OSIDX_<内部名> ON <エンティティ>(<アトリビュート>)

Oracleデータベースを使用している場合は、構成ツールでIndexesテーブルスペースを定義できます。

  • Was this article helpful?