Skip to main content

 

OutSystemsの用語

 

OutSystems

使用できるデータ型

このページでは、OutSystemsで使用できるデータ型、データ型のデフォルト値や制約、またこれらのデータ型を別のデータ型に変換するビルトイン関数について説明します。

基本データ型

デフォルト値 コメント
Binary Data 要素なしのByte配列 n/a
Boolean false trueまたはfalse
Currency 0.0 545870.025 Decimal型を参照。
Date #1900-01-01# #1988-08-28# サポートされる範囲は[#1900-01-01#, #3000-12-31#]
Time #00:00:00# #12:20:56# 最小値: #00:00:00#

最小値: #23:59:59#
Date Time #1900-01-01 00:00:00# #1988-08-28 23:59:59# サポートされる範囲は[#1900-01-01 00:00:00#, #3000-12-31 23:59:59#]

タイムゾーンの変換については、「その他の注記」をご覧ください。
Integer 0 2147483600 最小値: -2^31-1。これは-2147483648です。

最大値: 2^31-1。これは2147483647です。
Long Integer 0 5645245584135987412 最小値: -2^63
最大値: 2^63-1
Decimal 0.0 -158121.025 4000.0 整数部分と小数部分はピリオドで区切ります。

最小値: -2^96

最大値: 2^96-1

小数部分の最大桁数は8桁です。
Email 「」(空の文字列) fran.wilson@company.com
Phone Number 「」(空の文字列) 「+1 555 565 3730」
Text 「」(空の文字列) 「My name is Christina Sharp.」
<エンティティ>識別子 エンティティが作成されると、識別子アトリビュートの<エンティティ>識別子データ型が作成されます。

Date Time型の注記

  • サーバーでDate Timeデータ型を操作する際は、常にサーバーのタイムゾーンを考慮する必要があります。

  • モバイルアプリのDate Time型はサーバーからリクエストされたときでも常にUTCです。

  • モバイルアプリUIでDate Time型を使用する場合、値はデバイスの現地時間に変換されます。

以下は、GMT+01(パリ)のサーバーとGMT-05(ニューヨーク)のモバイルデバイスの例です。モバイルデバイスがサーバーに特定のDate Time値をリクエストします(#2007-12-18 17:00:00#など)。この場合、以下のような動作になります。

  1. 値はUTC #2007-12-18 16:00:00#に変換され、モバイルデバイスに送信されます。

  2. モバイルアプリに値を保存すると、その値はUTCとして処理され、#2007-12-18 16:00:00#として保存されます。

  3. UIに値を表示すると、エンドユーザーには#2007-12-18 11:00:00#が表示されます。

このようなシナリオがロジックに必要ない場合は、Dateデータ型とTimeデータ型を別々に使用してそれぞれの値を処理します。

複合データ型

コメント
<エンティティ>または<ストラクチャ> エンティティまたはストラクチャが作成されると、そのエンティティまたはストラクチャのすべてのアトリビュートを備えたデータ型が作成されます。たとえば、Customerエンティティが作成された場合、Customerデータ型が作成されます。このデータ型の変数を作成するには、Data Typeプロパティを[Customer]に設定します。変数のアトリビュートにアクセスするには、構文<変数>.<アトリビュート>(MyCustomerVar.Nameなど)を使用します
Object OutSystemsは、Objectデータ型をサポートしているため、独自の.NETクラスを再利用できます。デフォルト値はNullObject()です。
Record Recordは固定数のアトリビュートからなるデータ型で、それぞれが固有のデータ型を持ちます。Recordを使用して、単独の変数で使用される複合データ型を定義します。複数の変数を同じ複合データ型で定義する必要がある場合は、RecordではなくStructureを使用します。Recordデータ型を使用するユースケースは以下のような場合です。
  • ユーザーアクションでAggregateの結果を返す必要がある場合。この場合、Recordデータ型を使用してユーザーアクションの出力パラメータを定義します。
  • 複合情報を返すユーザーアクションが必要であるにもかかわらず、新しいStructureを定義しない場合。

Collectionデータ型

コメント
List リストは同じデータ型の連続した要素で、基本または複合のいずれかです。要素はリストから挿入、取得、削除できます。 詳細については、「Listデータ型」をご覧ください。

デフォルト値とNull値

OutSystemsではエンティティ識別子データ型を除き、Null値という概念を採用していません。そのため、各データ型には作成時に割り当てられた関連するデフォルト値があります。

データ型の変換

OutSystemsでは、異なるデータ型間の変換が可能です。これはデータ型変換関数を使用して、暗黙的または明示的に行われます。

暗黙的な変換

OutSystemsは自動的に以下の型の値を変換します。

想定される型 適用可能な型 備考
Boolean -
Currency Decimal、Integer、Boolean、エンティティ識別子(Integer)
Date Date Time型
Date Time Date、Text、Time
Integer Decimal、Boolean、Currency、エンティティ識別子(Integer) Decimal型を暗黙的にInteger型に変換する場合、小数は切り捨てられます。
Long Integer Long Integer、Integer、Decimal、Boolean、Currency、エンティティ識別子(Integer)、エンティティ識別子(Long Integer)
Decimal Integer、Boolean、Currency、エンティティ識別子(Integer)
エンティティ識別子 エンティティ識別子 特定のエンティティ識別子を別のエンティティ識別子に変換できますが、警告が表示されます。
Email Text、Phone Number、Integer、Decimal、Boolean、Currency、エンティティ識別子(Integer)、エンティティ識別子(Text)、Date Time、Date、Time
Phone Number Text、Email、Integer、Decimal、Boolean、Currency、エンティティ識別子(Integer)、エンティティ識別子(Text)、Date Time、Date、Time
Text Integer、Decimal、Boolean、Currency、Phone Number、Email、エンティティ識別子(Integer)、エンティティ識別子(Text)

明示的な変換関数

1つのデータ型から別のデータ型に値を変換するには、データ型変換関数を使用します。

以下は、想定される明示的な変換の概要です。

変換元 変換先 関数
Boolean Integer
Text
BooleanToInteger
BooleanToText
Date Date Time
Text
DateToDateTime
DateToText
Date Time Date
Text
Time
DateTimeToDate
DateTimeToText
DateTimeToTime
Integer Boolean
Decimal
Text
Integer 型識別子
IntegerToBoolean
IntegerToDecimal
IntegerToText
IntegerToIdentifier
Long Integer Long Integer 型識別子
Integer
Text
LongIntegerToIdentifier
LongIntegerToInteger
LongIntegerToText
Decimal Boolean
Integer
Text
DecimalToBoolean
DecimalToInteger
DecimalToText
エンティティ識別子(Integer) Integer IdentifierToInteger
エンティティ識別子(Longer Integer) Long Integer IdentifierToLongInteger
エンティティ識別子(Text) Text IdentifierToText
Text Date
Date Time
Decimal
Integer
Time
Text 型識別子
TextToDate
TextToDateTime
TextToDecimal
TextToInteger
TextToTime
TextToIdentifier
Time Text TimeToText
すべてのデータ型 Object ToObject
  • Was this article helpful?