Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

PlatformPasswordUtils API

PlatformPasswordUtils APIは、確立された暗号手法に準拠し、データベース内のパスワードを検証して安全に保存するためのアクションを提供します。以下の操作を可能にするアクションを使用してこれを実現します。

  • ソルト付きパスワードを生成し、それをMD5ハッシュアルゴリズムを使用してハッシュ化する(非推奨)。
  • ソルト付きパスワードを生成し、それをSHA512ハッシュアルゴリズムを使用してハッシュ化する。
  • ソルト付きハッシュに対してパスワードを検証する。

概要

アクション 説明
GenerateSaltedMD5Hash パスワードに固定数のソルトを付けて、それをMD5ハッシュアルゴリズムを使用してハッシュ化します。
GenerateSaltedSHA512Hash パスワードに32バイトの乱数のソルトを付けて、それをSHA512ハッシュアルゴリズムを使用してハッシュ化します。
ValidatePassword 期待されるソルト付きパスワードハッシュに対してパスワードを検証します。

アクション

GenerateSaltedMD5Hash

パスワードに固定数のソルトを付けて、それをMD5ハッシュアルゴリズムを使用してハッシュ化します。

入力

PlainTextPassword
型: Text。必須。
ソルトを付けてハッシュ化するパスワード。

出力

SaltedMD5HashPassword
型: Text。
ソルトを付けてMD5でハッシュ化されたパスワード。

GenerateSaltedSHA512Hash

パスワードに32バイトの乱数のソルトを付けて、それをSHA512ハッシュアルゴリズムを使用してハッシュ化します。

入力

PlainTextPassword
型: Text。必須。
ソルトを付けてハッシュ化するパスワード。

出力

SaltedSHA512HashPassword
型: Text。
ソルトを付けてSHA512でハッシュ化されたパスワード。

ValidatePassword

期待されるソルト付きパスワードハッシュに対してパスワードを検証します。

入力

PlainTextPassword
型: Text。必須。
プレーンテキストのパスワード。
SaltedHashedPassword
型: Text。必須。
期待されるソルト付きハッシュ化パスワード。

出力

IsValid
型: Boolean。
指定されたソルト付きハッシュ化パスワードとパスワードが一致する場合、Trueを返します。
  • Was this article helpful?