Skip to main content

 

参考情報

 

 

OutSystems

View

アクティブなビューコンポーネントとそれらの状態を処理するためのメソッドを提供します。

階層

View

概要

メソッド
getCurrentScreenRootElement 現在の画面のDOM要素を返します。 アニメーションのDOM操作によってクラスを微調整するために使用します。
registerDeviceClassGetter ドキュメントのbodyに適用するクラスのリストを提供する関数を登録します。 返されると予測されるクラスはportraitまたはlandscape(方向)、およびphoneまたはtablet(デバイスタイプ)です。 指定されたメソッドによって他のクラスが返される場合があります。
render 画面/ブロックが現在のモデルの変更によって描画されたときに解決されるPromiseを返します。 ブラウザが現在の変更を描画した後にロジックを実行するために使用します。
wasCurrentViewRestoredFromCache 現在のビューステートがキャッシュから復元されたかどうかを確認します。

メソッド

getCurrentScreenRootElement

getCurrentScreenRootElement(): Element

現在の画面のDOM要素を返します。アニメーションのDOM操作によってクラスを微調整するために使用します。

遷移の間には2つの画面(移動元の画面と移動先の画面)があり、この関数は移動先の画面を返します。

例:

// add custom class 'slide' to screen DOM element
$public.View.getCurrentScreenRootElement().classList.add("slide");

戻り値: Element

registerDeviceClassGetter

registerDeviceClassGetter(getter: 関数): void

ドキュメントのbodyに適用するクラスのリストを提供する関数を登録します。返されると予測されるクラスはportraitまたはlandscape(方向)、およびphoneまたはtablet(デバイスタイプ)です。指定されたメソッドによって他のクラスが返される場合があります。

このメソッドは、デバイスの方向の変更などの特定のイベントが発生するたびに呼び出されます。新しい呼び出しの結果が適用される前に、前の呼び出しで返されたすべてのクラスが削除されます。

パラメータ:

  • getter: 関数
    適用する現在の方向およびデバイスクラスを返すメソッド。

戻り値: void

render

render(): Promise<void>

画面/ブロックが現在のモデルの変更によって描画されたときに解決されるPromiseを返します。ブラウザが現在の変更を描画した後にロジックを実行するために使用します。

戻り値: Promise<void>

`画面/ブロックが現在のモデルの変更によって描画されたときに解決されるPromise`。

wasCurrentViewRestoredFromCache

wasCurrentViewRestoredFromCache(): boolean

現在のビューステートがキャッシュから復元されたかどうかを確認します。

戻り値: boolean

現在のビューステートがキャッシュから復元された場合はtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。

  • Was this article helpful?