Skip to main content

 

参考情報

 

 

OutSystems

Validation

ウィジェットに検証メッセージを表示し、検証値を設定するためのメソッドを提供します。通常の方法では実行できない、反復子内でのウィジェットの検証を行うときに使用します。

階層

Validation

概要

メソッド
isWidgetValid 特定のウィジェットが現在有効かどうかを確認します。
setWidgetAsInvalid 特定の検証メッセージにより、ウィジェットを無効に設定します。
setWidgetAsValid ウィジェットを有効に設定します。

メソッド

isWidgetValid

isWidgetValid(widgetId: 文字列): boolean

特定のウィジェットが現在有効かどうかを確認します。

パラメータ:

  • widgetId: 文字列
    有効期限を確認するウィジェットのID。

戻り値: boolean

widgetIdによって識別されたウィジェットが有効である場合はtrueを返します。

setWidgetAsInvalid

setWidgetAsInvalid(widgetId: 文字列, validationMessage: 文字列): void

特定の検証メッセージにより、ウィジェットを無効に設定します。

パラメータ:

  • widgetId: 文字列
    無効としてマークするウィジェットのID。
  • validationMessage: 文字列
    検証メッセージ。

戻り値: void

setWidgetAsValid

setWidgetAsValid(widgetId: 文字列): void

ウィジェットを有効に設定します。

パラメータ:

  • widgetId: 文字列
    有効に設定するウィジェットのID。

戻り値: void

  • Was this article helpful?