Skip to main content

 

参照

 

 

OutSystems

デバイス

デバイスのネイティブ機能にアクセスするためのメソッドを提供します。

概要

関数
whenReady devicereadyイベントが捕捉されたときに解決するPromise。

関数

whenReady

whenReady(): Promise<void>

devicereadyイベントが捕捉されたときに解決するPromise。

イベントをdocument.addEventListener("deviceready", ...)でバインドする従来の方法を使用する代わりに、このPromiseでコードをバインドする(whenReady().then(...))必要があります。Cordovaの読み込みが完了し、CordovaのデバイスAPIが読み込まれて使用可能になったことが示されると、イベントが起動します。

例:

// get device information
if (cordova) {
  $public.Device.whenReady().then(function() {
    $parameters.DeviceModel = device.model;
    $parameters.CordovaVersion = device.cordova;
    $parameters.Platform = device.platform;
    $parameters.UUID = device.uuid;
    $parameters.Version = device.version;
    $parameters.Manufacturer = device.manufacturer;
    $parameters.IsSimulator = device.isVirtual;
    $parameters.SerialNumber = device.serial;
    $resolve();
  });
} else {
  // fallback when testing on desktop browser
  $resolve();
}

戻り値: Promise<void>

devicereadyイベントが捕捉されたときに実行されるPromiseオブジェクト。

  • Was this article helpful?