Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

Resourcesツリー

拡張機能のワークスペースにある[Resources]ツリーは、現在の拡張機能に関連付けられたリソースを表しており、そのリソースを管理するために必要なオペレーションを提供しています。Integration Studioのリソースは、拡張機能のアクションの動作を実装するファイル、またはアクションアイコンやヘルプファイルなどの拡張機能のその他の側面をサポートするあらゆるファイルです。

拡張機能のリソースは、以下の場合に明示的またはIntegration Studioによって自動的に追加できます。

リソースのステータス

リソースには、以下のステータスがあります。

Excluded
ファイルは、ファイルシステムに存在していますが、リソースとして追加されていません。このリソースを含める場合は、「リソースを追加する」をご覧ください。
Included
ファイルは、リソースとしてすでに追加されており、拡張機能が最後に保存されてから変更されていません。
Modified
ファイルは、リソースとしてすでに追加されていますが、拡張機能が最後に保存されてから変更されています。リソースのステータスを更新するために、拡張機能を保存する必要があります。
Delete(削除)
ファイルは、リソースとして追加されましたが、ファイルシステムに存在していません。

リソースの物理的ロケーション

リソースは、XIF(Extension and Integration Framework)ファイルが保存されたディレクトリにある<extension_file_name>/<NET>と呼ばれるディレクトリに保存されています。初めて拡張機能が作成されると、これらのリソースは、拡張機能を保存するまで一時ディレクトリに保存されます。

リソースを含むディレクトリを開くには、Resourcesフォルダアイコンを右クリックして、[Open]オプションを選択します。

最初に保存または「名前を付けて保存」した後、リソースはXIFファイルが保存されたディレクトリにある<extension_file_name>/Source/<NET>に移動されます。

拡張機能のオペレーション

[Resources]ツリーでは、リソースを処理するために以下のオペレーションが可能です。

オペレーション 説明
Include in Extension 拡張機能にリソースを追加します。
詳細については、「リソースを追加する」をご覧ください。
Exclude from Extension 拡張機能からリソースを削除します。次に拡張機能を保存するときには、このリソースファイルはXIFファイルにまとめられません。
Open [Resources]ツリーで選択したアイテムを開きます。
フォルダが選択されている場合は、対応するフォルダでWindowsエクスプローラが起動します。
ファイルが選択されている場合は、そのファイルタイプに関連付けられたデフォルトプログラムが起動してファイルが開きます。
Compare with Template ファイルシステムに保存されているリソースファイルとテンプレートファイルの差異を比較できます。
詳細については、「リソースエディタ」をご覧ください。
  • Was this article helpful?