Skip to main content

 

Integration Studio

 

OutSystems

1-Click Publishウィンドウ

1-Click Publishを実行すると、[1-Click Publish]ウィンドウ が起動します。

[1-Click Publish]ウィンドウで使用できる領域とボタンを以下に示します。

Operation Log

この領域では、リクエストしたオペレーションの進行状況を確認できます。1行は、1-Click Publishの各ステージに対応しています(Verify、Save、およびPublishオペレーション)。各ステップで発生するエラーまたは警告に対応する行もあります。

検証中に何らかのエラーが発生した場合、処理が停止し、処理を進めるためにエラーを修正する必要があります。このウィンドウは、検出されたエラーを修正した後、処理を継続するために必要なインターフェイスを提供しています。[1-Click Publish]ウィンドウで、[Verify Again]を押します。

1-Click処理中に何らかの警告が発生した場合、1行につき1つの警告がこのウィンドウに表示されますが、処理は継続します。

Details
エラー警告、または一般情報の説明を表します。
Progress bar

1-Click Publishのオペレーションごとに1つずつ、5段階マーカーで表し、現在実行中のオペレーションに対応するものを強調表示します。

検証には、3つのステップがあります(拡張機能の定義を検証する拡張機能のソースコードを更新する、および拡張機能をコンパイルする)。

Verify Again
拡張機能を再度検証します。このボタンは、拡張機能にエラーがあるため、1-Click Publishの処理を進めることができない場合に使用できます。このボタンを押すと、拡張機能が再度検証されます。詳細については、「拡張機能を検証する」をご覧ください。
Save
拡張機能を、XIF(Extension and Integration Framework)ファイルに保存します。
Upload
接続しているPlatform Serverに拡張機能をアップロードします。
Publish
接続しているPlatform Serverに拡張機能をパブリッシュします。
Close
[1-Click Publish]ウィンドウを閉じます。

拡張機能をパブリッシュすると、モジュールで使用できるようになります。

  • Was this article helpful?