Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

Fileメニュー

メニューバーにある[File]メニューには、拡張機能を管理するオプションが含まれています。

[File]メニューには、以下のオペレーションがあります。

メニューアイテム 説明
New 新しい拡張機能を作成します。
Open Integration Studioで作成済みの拡張機能を開きます。XIF(Extension and Integration Framework)ファイルを選択すると、拡張機能に定義されているすべての要素が[Extension]ツリーと[Resources]ツリーで使用できます。
Close 現在の拡張機能を閉じます。保存していない場合は、Integration Studioが[Save]ウィンドウを表示します。
Save 拡張機能をXIFファイルに保存します。
Save As... [Save As...]ウィンドウを起動し、そこで拡張機能名を指定できます。
Import このオプションでは、.NETアセンブリからアクションをインポートしたり、データベースからエンティティをインポートしたりできます。Integration Studioを拡張するためにインストールしたプラグインに基づいて、その他のテクノロジーからインポートすることもできます。
Select Server... 使用するPlatform Serverを選択できます。
Download... 接続しているPlatform Serverにすでにパブリッシュされている拡張機能をダウンロードできます。
Verify 拡張機能を検証し、現在の拡張機能が有効であり、Platform Serverでパブリッシュする準備ができているかどうかを確認します。
Verify and Save 拡張機能を検証し、現在の拡張機能が有効であり、Platform Serverでパブリッシュする準備ができているかどうかを確認します。該当する場合は、拡張機能が保存されます。
1-Click Publish Platform Serverで現在の拡張機能をパブリッシュできます。
Update Source Code 拡張機能の要素の定義とIDE(統合開発環境)に追加したソースコードを同期します。
Edit Source Code .Net拡張機能に対して指定したIDEで拡張機能のソリューションを開きます
Most recent files Integration Studioで最近開いた拡張機能を一覧表示します。
Exit Integration Studioを閉じます。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?