Skip to main content

 

Integration Studio

 

OutSystems

Optionsウィンドウ

[Edit]メニューの[Options]ウィンドウでは、Integration Studioの開発に関連するパラメータをカスタマイズできます。

Generalタブ

Compare files using

Integration Studioの拡張機能の定義とソースコードファイルの差異を確認する[Compare with Template]オプションで使用されるアプリケーションのパス。詳細については、Compare with Templateオペレーションをご覧ください。

デフォルト値: 空の値。

Show "Select default Application Server for new extension" window

新しい拡張機能を作成する際に、このウィンドウが表示されるかどうかを示します。

デフォルト値: チェックあり。

開発者が早いうちにアプリケーションサーバーを選択すると、拡張機能の開発への影響が少なくて済むため、このオプションには常にチェックを付けておくことが推奨されます。

.NETタブ

このタブでは、.NET拡張機能で使用する.NET SDKに関連するパラメータを指定できます。

.NET Integrated Development Environment

.NET拡張機能のコーディングで使用される.NET IDEのパス。このパラメータは、[Edit Source Code]オプションと[Compile the Extension]オプションで使用されます。

デフォルト値: ご利用のPC(OutSystemsがサポートしているVisual Studioのバージョン/エディションの1つ)にインストールされている.NET IDEに基づいてIntegration Studioが検知します。
例:
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\Common7\IDE\VCSExpress.exe
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\devenv.exe

.NET Compiler Tool

拡張機能の検証中に、拡張機能がIntegration Studio内部でコンパイルされる場合に使用されるビルダーのパス。.NET Compiler Toolは、バックグラウンドで以下に定義されたオプションを使用してコマンドライン経由で実行されます。

デフォルト値: 現在のPCにインストールされ、OutSystemsがサポートしている.NET Frameworkバージョンに基づいてIntegration Studioが検知します。
例:
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\MSBuild.exe
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\MSBuild.exe

.NET Compiler Tool Options

拡張機能の検証中に、拡張機能がIntegration Studio内部でコンパイルされる場合に使用されるコンパイラオプションを示します。
デフォルトのコンパイラオプションは以下のとおりです。

  • /nologo: 商標情報が表示されないようにします。
  • /verbosity:minimal: ビルドログに表示される情報量が最小である必要があることを指定します。
  • /target:Rebuild: 指定されたソリューション構成に従って、指定されたソリューションまたはプロジェクトをクリーンにしてから構築します。
  • /property:Configuration=Release: Releaseモードでソリューションをコンパイルし、最新の拡張機能のDLLとEXEを生成します。

コンパイラオプションの詳細については、MSDNのサイトをご覧ください。

Connectionタブ

このタブでは、接続しているPlatform Serverのプロキシ認証の使用に関連するパラメータを指定できます。

Use proxy authentication

プロキシが認証を必要とする場合に使用します。

デフォルト値: チェックなし。

接続しようとしているPlatform Serverにプロキシがある場合、このオプションを設定することが必須です。このオプションを設定しない場合、Integration Studioは接続できなくなります。

Proxy user
プロキシ認証で使用されるユーザー名。
Proxy password
プロキシ認証で使用されるユーザーのパスワード。
Reset Defaults
[Reset Defaults]ボタンをクリックして、これらのパラメータをいつでもデフォルト値に戻すことができます。
  • Was this article helpful?