Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

リソースエディタ

リソースエディタでは、拡張機能に属するリソースのプロパティを編集できます。このエディタは、リソースが[Resources]ツリーまたはマルチタブエディタで選択されると表示されます。

リソースストレージ

この拡張機能への参照を追加したモジュールがパブリッシュされている場合、デプロイアクションのプロパティの値は、リソースが保存されている場所を示します。次の表は、使用可能な値、動作、および使用する必要のあるファイルの種類を示しています。

Deploy Action Description 拡張子
Copy to Binaries directory リソースは、モジュールがパブリッシュされているPlatform Serverにコピーされます。ファイルは、モジュールディレクトリにあるbin2ディレクトリに保存されます。 このディレクトリに保存されているファイルは、インターネットブラウザ経由でアクセスできません。 dll、config、manifest、jar
Copy to Application directory リソースは、モジュールがパブリッシュされているPlatform Serverにコピーされます。ファイルは、モジュールディレクトリに保存されます。 css、js、asmx、aspx
Copy to Images directory リソースは、モジュールがパブリッシュされているPlatform Serverにコピーされます。ファイルは、モジュールディレクトリにあるimgディレクトリに保存されます。 bmp、eps、jpg、jpeg、gif、tiff、icoおよびその他の画像形式ファイル
Ignore リソースは、Platform Serverにコピーされません。リソースは、拡張機能に属しますが、サーバーでは使用できません。 ソースファイル、ドキュメントなど。

デプロイアクションのプロパティは変更できますが、このオペレーションは注意して実行する必要があります。なぜならば、DLLまたはJARがバイナリディレクトリにコピーされない場合、モジュールは、そのDLLまたはJARで実装されたアクションを使用できないからです。

テンプレートを比較する

Integration Studioには、Update Source Codeオペレーションを通じて、Integration StudioとIDE(統合開発環境)の変更を統合するために必要な仕組みがあります。

[Resources]ツリーには、Compare With Templateオペレーションがあり、ファイルシステムに保存されているリソースファイルとテンプレートファイルの差異を比較できます。

このオペレーションを使用するには、[Options]ウィンドウで「Compare files using」パラメータを指定する必要があります。

Compare With Templateオペレーションは、拡張機能の要素に対して行われた変更が、さらに複雑で、2つの定義をマージできない場合に非常に便利です。たとえば、要素名を変更した場合は、マージオペレーションで2つの要素を関連付けることはできません。

リソースのプロパティを変更する

リソースのプロパティは、いつでも変更できます。リソースエディタをすでに開いている場合は、[Resources]ツリーのリソースをダブルクリックするか、またはマルチタブエディタでリソースを選択します。

Import Details
このボタンは、.NETアセンブリからアクションをインポートしたためにこのリソースが追加された場合に有効となり、追加情報を確認できるレポートが表示されます。以下の情報が表示されます。
  • Resource: 以下の構文を持つリソース名。

    Resource <resource_name>: <additional_information>

  • Was this article helpful?