Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

エンティティエディタ

エンティティエディタでは、拡張機能に属するエンティティのプロパティを編集できます。

このエディタは、エンティティがマルチツリーナビゲータまたはマルチタブエディタで選択されると表示されます。

エンティティ識別子を設定する

識別子は、エンティティ行を一意に識別するアトリビュートです。

エンティティ識別子を設定するには、以下のいずれかの手順を実行します。

  • エンティティエディタで、識別子プロパティを編集して、ドロップダウンリストから任意のアトリビュートを選択します。

  • Attributesテーブルで、任意のアトリビュートを右クリックして、[Set as Identifier ]オプションを選択します。

エンティティアトリビュート

エンティティアトリビュートを管理するには、「アトリビュートエディタ」をご覧ください。

エンティティのプロパティを変更する

エンティティのプロパティは、いつでも変更できます。マルチツリーナビゲータでエンティティをダブルクリックするか、またはマルチタブエディタでアクションを選択します。

詳細をインポートする

このボタンは、エンティティがデータベースからインポートされた場合に有効となり、元のテーブル定義および対応するエンティティ定義を確認できるレポートが表示されます。以下の情報が表示されます。

  • Entity: 以下の構文を持つエンティティ名とそのステータス。

    Entity <entity_name>: <entity_status>

  • Database Connection: データベース接続名とそのDBMS(データベース管理システム)。エンティティが、データベース接続を使用せずにインポートされると、この行は省略されます。構文は以下のとおりです。

    Database Connection <Database_Connection_Name> ( <DBMS> )

  • Physical Table Name: このエンティティに関連付けられた物理テーブルのフルネームを示します。

  • Identifier: 主キーに相当するアトリビュート名(存在する場合)。

  • Attributes: ウィザードで作成されたエンティティのアトリビュート。アトリビュートの構文は以下のとおりです。

    <attribute_name> ( <OutSystems_data_type> <- <database_data_type> ): <attribute_status>

  • Was this article helpful?