Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

アクションパラメータエディタ

アクションパラメータエディタでは、拡張機能に属するアクションのプロパティを編集できます。

このエディタは、アクションエディタとともに表示されます。

パラメータを追加・削除する

パラメータを追加するには、このエディタで新しい行を入力するか、またはエディタあるいは右メニューにあるボタンを押します。

パラメータを削除するには、パラメータ行を選択して、エディタまたは右メニューにあるボタンを押します。

関数(プロパティFunctionがYesに等しい)として設定されたアクションは、単独の出力パラメータを持つ必要があるため、削除オペレーションはこの規則に違反する可能性があります。関数アクションの単独の出力パラメータを削除すると、Integration Studioはこの規則違反を防ぎますが、Functionプロパティを[No]に設定することで、関数の要件を満たすように自動的にアクションを変更できます。

入出力パラメータ

デフォルトでは、パラメータは入力パラメータです。出力パラメータを定義するには、入力アcイコン and Integration Studio switches to an Output parameter. In fact, both the Input and Output をクリックします。2つのアイコンはともに切り替え動作を行うため、パラメータの種類を簡単に変更できます。

関数(プロパティFunctionがYesに等しい)として設定されたアクションは、単独の出力パラメータを持つ必要があるため、削除オペレーションはこの規則に違反する可能性があります。Integration Studioはこの規則違反を防ぎますが、関数の要件を満たすように自動的にアクションを変更できます。

  • 関数アクションに他の出力パラメータを追加する場合、Functionプロパティを[No]に設定する。

  • 関数アクションの単独の出力パラメータを削除する場合、Functionプロパティを[No]に設定する。

パラメータの順序を変更する

パラメータの順序は、拡張機能のアクションとそれに対応するC# メソッドの両方で同一である必要があります。アクションパラメータエディタには、パラメータの順序を定義するために必要なボタンがあります。

ボタン 説明
選択したパラメータを下に移動します。
選択したパラメータをリストの最下部に移動します。
選択したパラメータを上に移動します。
選択したパラメータをリストの最上部に移動します。

パラメータのプロパティを変更する

パラメータのプロパティは、いつでも変更できます。マルチツリーナビゲータでアクションをダブルクリックするか、またはマルチタブエディタでアクションを選択して、パラメータのプロパティを変更します。

  • Was this article helpful?