Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

リソースのプロパティ

次の表は、リソース要素のプロパティを表しています。

プロパティ 説明 指定 デフォルト値 備考
Name リソース名。 必須 詳細については、要素の命名規則をご覧ください。
Last Modified リソースが追加またはアップデートされてから、ファイルが最後に修正された日付。
Deploy Action この拡張機能を参照するモジュールをパブリッシュした場合に、リソースが保存されるPlatform Serverの場所を示します。 必須 追加するリソースの種類によって異なります。
Copy to Binaries directory: DLLまたはJAR、構成およびコンパイルファイルのデフォルト。
Copy to Application directory: .NET .aspx.asmxページ、スタイルシートおよびJavaScriptファイルのデフォルト。
Copy to Images directory: 画像ファイルのデフォルト。
Ignore: ファイルがモジュールのパブリッシュをサポートしていない場合。ヘルプファイル、ソースコードなどに使用されます。
プロパティの値は変更できますが、ほとんどの場合、デフォルトが適切です。詳細については、このプロパティで使用可能な値をご覧ください。
Description リソースを説明するフリーテキスト。 任意 文書化および知識移転の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは、255文字です。
Import Details... インポートオペレーションの情報を表します。 任意 [Import Actions from .NET Assembly]ウィザードでリソースが追加された場合にのみ使用できます。詳細については、「リソースエディタ」をご覧ください。
  • Was this article helpful?