Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

エンティティのプロパティ

次の表は、エンティティ要素のプロパティを示しています。

プロパティ Description 指定 デフォルト値 備考
Name エンティティ名。 必須 詳細については、要素の命名規則をご覧ください。
Physical Table Name 物理テーブル名。このフィールドに指定する名前は、接続しているデータベースによって異なります。 必須 SQL Serverでは、物理テーブルのフルネームは以下のようになります。
[<server>].[<catalog>].[<owner>].<tab_name>
Oracleでは、物理テーブルのフルネームは以下のようになります。
[<owner>].<tab_name>@[<server>]
Logical Database 外部データベースを表す論理名。各環境のService Centerでは、この論理データベース名へのデータベース接続をマッピングします。これは、各環境間のステージングに非常に便利で、エンティティの外部データベースを動的に変更できます。 任意 このフィールドは、データベース接続を使用してインポートされたエンティティに対してのみ使用されます。
Identifier エンティティ行を一意に識別するアトリビュート。 任意 データベース用語では、識別子は「主キー」と呼ばれます。
Description アクションを説明するフリーテキスト。 任意 文書化およびや知識移転の際に便利です。 このプロパティの最大サイズは、255文字です。
Default Value behavior エンティティのアトリビュートのデフォルト値が、どのようにデータベースに保存され、データベースから取得されるのかを示します。 No conversion to/from Database: デフォルト値が設定されたすべてのエンティティのアトリビュートは、変換されずにデータベースに保存され、データベースから取得されます。つまり、データベースに保存され、データベースから取得されるのは、デフォルト値です。
Convert to/from Null value in Database: デフォルト値が設定されたすべてのエンティティのアトリビュートは、データベースにnull値として保存されます。データベースからデータを取得する際に、null値がアトリビュートのデフォルト値に変換されます。アトリビュートにデフォルト値が定義されていない場合は、null値がデータ型に対するプラットフォームのデフォルト値に変換されます。
必須 No conversion to/from Database 任意指定のアトリビュートのみ変換されます。必須アトリビュートは空にすることができないため、変換されません。 詳細については、実行時のデフォルト値、およびデータベースのデフォルト値のリストもご覧ください。
  • Was this article helpful?