Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

エンティティアトリビュートのプロパティ

次の表は、エンティティアトリビュート要素のプロパティを示しています。

プロパティ Description 指定 デフォルト値 備考
Name アトリビュート名。 必須 Attribute <n> アトリビュート名を適切な値に変更する必要があります。
詳細については、要素の命名規則をご覧ください。
Original Name ソースデータベースの列名DBMSがサポートしているすべての種類の文字を含むことができます。 任意 データベースのイントロスペクションの際に自動的に入力されます。
このプロパティが空の場合、「Name」プロパティの値が使用されます。
インポートされたエンティティアトリビュートでこのプロパティの値を変更すると、ランタイムエラーが発生する可能性があります。
Original Type ソースデータベースにあるアトリビュート型データベースがサポートしているすべての値を持つことができます。 任意 データベースのイントロスペクションの際に自動的に入力されます。
必須 アトリビュートが必須なのか任意指定なのかを示します。 必須 Mandatory アトリビュートを任意として定義するには、このプロパティのチェックを外します。
Auto Generated アトリビュートの値がデータベースによって生成されるかどうかを示します。データベースにレコードが挿入された後に、プラットフォームがこのアトリビュートに生成された値を設定します。 任意
Data Type アトリビュートの種類を示します。TextまたはIntegerなどの基本データ型のみ使用できます。 必須 使用可能な値は、ドロップダウンリストに表示されます。詳細については、「使用できるデータ型」をご覧ください。
OutSystemsは独自のデータ型を持っているため、データベースのデータ型が、どのようにOutSystemsのデータ型に変換されるのかを確認する必要があります。OracleまたはSQL Serverのマッピングを確認します。
アトリビュートのデータ型(データベースからエンティティをインポートする際に最初に定義された値)を、異なる値を手動で選択して上書きする場合、エンティティを最新の状態に更新すると、この上書きした値が保持されます。
Default value アクションを使用しているモジュールで、このアトリビュートの値が提供されていない場合に使用されるデフォルト値。 任意
Length アトリビュートのサイズ。 任意 このプロパティは、Text型およびDecimal型にのみ使用できます。Decimal型では、このプロパティは小数部分を含む桁数に対応します。これらのデータ型の値が指定されていない場合は、デフォルト値が使用されます。
他のデータ型は、固定長です。
Decimals 小数点以下の桁数。 任意 このプロパティは、データ型がDecimalで、小数部分の桁数に対応する場合にのみ使用できます。
Ignore 実行時にアトリビュートを無視する必要があるかどうかを示します。無視するように設定されたアトリビュートは、アプリケーションで使用してもエンティティに表示されません。そして、検証およびコンパイル中に考慮されません。 必須 False

(「備考」を参照)。
OutSystemsで使用できない列(Geometryなど)がテーブルにある場合、エンティティアトリビュートは、テーブルをインポートした後、自動的に無視するように(Ignore = True)設定されます。
Description パラメータの説明。 任意 デフォルトでは説明は空ですが、このパラメータの意味に関する簡単な説明を提供する必要があります。説明の最大許容サイズは、255文字です。
  • Was this article helpful?