Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

OutSystems

Integration Studio

Integration Studioは、拡張機能を作成および管理できるデスクトップツールです。

次のスクリーンショットは、このツールのワークスペースを表しています。

ワークスペースは、以下の領域に分かれています。

ツールバー
新しい拡張機能を作成したり、拡張機能を検証してパブリッシュしたり、Platform Serverに接続したりすることができます。
マルチツリーナビゲータ
Extensionツリーで、アクション、ストラクチャ、エンティティの追加と選択ができます。[Resources]ツリーで、リソースの追加と選択ができます。
ステータスバー
XIF(Extension and Integration Framework)が保存されているフォルダといった、拡張機能に関する情報が含まれています。
マルチタブエディタ
マルチツリーナビゲータで選択したすべての要素(拡張機能、アクション、ストラクチャ、エンティティ、およびリソース)が含まれています。
詳細エディタ
拡張機能とその要素(アクションストラクチャエンティティ、またはリソース)の編集ができます。
サーバー情報
接続しているPlatform Serverと、この接続を確立しているユーザーに関する情報を参照できます。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?