Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

Invalid Property Value(無効なプロパティ値)エラー

Invalid Property Valueエラーは、以下の状況で発生します。

  • <property> must be set in <element>

    設定されていない必須プロパティがあります。たとえば、LinkウィジェットのDestinationプロパティです。

    必須プロパティの値を設定します。

  • 'Default Value' must be set to a <literal> literal

    Default Valueプロパティはリテラルである必要があります。式が 「1 + 1」のようになっているプロパティは設定できません。

    要素のDefault Valueプロパティを編集し、リテラル値を設定します。

    Session VariablesおよびSite Propertiesを除くすべての要素でデフォルト値として使用できるのは、以下のビルトイン関数です。NullDate()NullIdentifierNullObject()NullTextIdentifier()CurrDate()CurrTime()CurrDateTime()、およびNewLine()

  • <function> is not supported as default value in <element>

    デフォルト値に関数を使用しているセッション変数またはSiteプロパティがあります。

    セッション変数またはサイトプロパティを編集して、Default Valueプロパティにリテラル値を使用します。

  • '<Property>' must be set in pixels ('px') or percentage

    プロパティの値はピクセルまたはパーセンテージで表現する必要があります。これは、たとえばテーブルのWidthプロパティなどで発生します。

    プロパティを編集して、その値に「px」または「%」を追加します。単位が定義されていない場合、Service Studioはpxとして解釈します。

  • <property> no longer set in <element>

    値が使用できなくなっているか、値が無効な必須プロパティがあります。たとえば、モジュール間のマージオペレーションのため、または実行するアクションが削除されているため、Actionプロパティに値が含まれていない実行アクションなどです。このメッセージは通常、プロパティが読み取り専用で、要素で直接設定できない場合に表示されます。

    このエラーを解決するには、この要素を新しい要素と置換する必要があります。たとえば、実行アクションを削除して、別の要素を追加します。

  • '<property>' cannot be set to the content of a widget

    別のウィジェットのコンテンツ、またはそのウィジェット自身で指定されたRecordウィジェットがあります。たとえば、ソースレコードがTableRecords1.List.currentであるShow Recordウィジェットです。

    ソースレコードまたはソースレコードリスト(ウィジェットによる)を編集して、画面で使用可能なウィジェットのランタイムプロパティ以外の変数を使用します。画面の準備で評価されたローカル変数、クエリ、またはリストを使用する必要があります。

  • Property '[Name in Request/Name in Response]' has characters that are invalid when the '[Send In / Receive In]' is set to 'Header'.Make sure you only use valid header characters

    Name in Request/Name in ResponseプロパティにHTTPリクエストヘッダーで有効ではない文字が含まれているため、このエラーが発生しました。

    解決するには、有効な文字のみを使用します。

    • 大文字および小文字: A-Za-z

    • 数字: 0-9

    • 以下の特殊文字: ! # $ % & * + \- .~ | _ ^

    または、'Send In' or 'Receive In'プロパティの値を変更して、HTTPリクエスト本文またはURLでパラメータを送信します。

エラー行をダブルクリックすると、不一致のプロパティに直接移動できます。

  • Was this article helpful?