Skip to main content

 

参考情報

 

OutSystems

Invalid Blocks(無効なブロック)エラー

Invalid Blocksエラーは、以下の状況で発生します。

  • Block loop detected

    <webBlock1> -> <webBlock2> -> ...-> <webBlockN> -> <webBlock1>

    Webブロックの1つが、ループの起点となっている以前のWebブロックを含むため、入れ子になっているWebブロックのシーケンスがあります。

    Webブロックの包含シーケンスを確認して、ループを解除します。

    問題のあるWebブロックを特定できるよう、エラーメッセージには包含シーケンスが一覧表示されます。これで、どのWebブロックにどのWebブロックが含まれているかを識別できます。

    Webブロック名の詳細は、実行されたモジュールオペレーションに依存します。ご注意ください。

    TrueChangeタブ内

    Webブロック名は、定義された場所のScreen Flow名をプレフィックスに付けて表示されます。<flow>\<web block>

    Webブロックの包含シーケンスは以下のように表示されます。

    <flowX>\<webBlockA> -> <flowY>\<webBlockB> -> ...-> <flowZ>\<webBlockC> -> <flowX>\<webBlockA>

    これは以下を意味しています。

    <flowX>フローで定義された<webBlockA>ブロックは以下を含みます。

    以下を含む<flowY>フローで定義された<webBlockB>ブロック

    ...

    以下を含む<flowZ>フローで定義された<webBlockC>ブロック

    <flowX>フローで定義された<webBlockA>ブロック`

    Webブロック名が(hidden)と表示されている場合、Webブロックが別のモジュール内にあり、現在のモジュールでは表示できないことを意味しています。含めている別のモジュールの公開Webブロックに、そのモジュールのプライベートWebブロックが含まれている場合、これが起こります。

    1-Click Publishオペレーション内(コンパイル手順)

    Webブロック名は、定義された場所のモジュール名とフロー名をプレフィックスに付けて表示されます。<module>\<flow>\<web block>

    Webブロックの包含シーケンスは以下のように表示されます。

    <module1>\<flowX>\<webBlockA> -> <module2>\<flowY>\<webBlockB> -> ...-> <module3>\<flowZ>\<webBlockC> -> <module1>\<flowX>\<webBlockA>

    これは以下を意味しています。

    <module1>モジュールの<flowX>フローで定義された<webBlockA>ブロックは以下を含みます

    以下を含む<module2>モジュールの<flowY>フローで定義された<webBlockB>ブロック

    ...

    以下を含む<module3>モジュールの<flowZ>フローで定義された<webBlockC>ブロック

    <module1>モジュールの<flowX>フローで定義された<webBlockA>ブロック`

エラー行をダブルクリックすると、シーケンスの最初の無効なWebブロックを直接選択できます。

  • Was this article helpful?